ゴルフグリップで、右手の親指を離すって、どういうこと??

今回も、ゴルフグリップの話です。ゴルフグリップで右手の親指を離す?、それがなにか、どういうことなのか、それがなにかスゴイことになるのか?そんなお話です。ゴルフのグリップはスイングするヒトと、ゴルフクラブとの唯一の接点で、そらまあいろんな事が言われています。

スポンサーリンク



毎回言ってますが、グリップというとゴルフクラブのヘッドの反対側にある、シャフトの握り部分の名称だったり、握り方、握る方法のことだったり、初めて聞くみなさんには、ちょっとややこしいです。

スポンサーリンク



今回は、シャフトの握り部分のグリップで、右手の親指を離す?ことについてのいろいろな発想、理由、考え方などをいろいろ調査してみました。

フツーはあんまりグリップで、右手の親指を離す?ことについて、特に初心者の時ほど、どうのこうの言いませんよね?初心者の時はそんなことに気を向けることも無く、思いもせず考えもしませんでした。

一般的に右手のグリップは、右手の人差し指と親指を強く握らない。とかく右利きの方は、右手にチカラが入ってボールを叩こう、打とうとします。

親指と人差し指にチカラが入るとなおさらです。この2本の指はグリップに軽く添えるようにしましょう。と、わたしらも以前の記事でお話しています。

そして、グリップの右手の親指を離す?ことで、スライス防止も可能になるとか、ほんまかいな??のお話もあります。アナタのスライスは実は右手の親指のせいかも知れません?。そんなお話です。

そして松山英樹のPGAツアー賞金ランキングは2017年4月10日現在、2位(前週2位)というところです、賞金額はトータル、476万92,957ドル(約5億3000万円)なっています。

マスターズ 最終日結果・9日(オーガスタナショナルGC・ジョージア州)セルヒオ・ガルシア(スペイン)が、初の栄光をつかみとりました。

ジャスティン・ローズ(イングランド)とのプレーオフ1ホール目、ボギーとしたローズに対し、ガルシアはバーディフィニッシュ。

松山英樹は最終日に7バーディ2ボギーの5アンダー「67」の通算1アンダー11位とし、来年の「マスターズ」出場権を確保できる上位12位以内で4日間の戦いを終えました。応援ありがとうございました!!m(_ _)m


この応援ブログでは、ゴルフグリップの右手の親指を離す?ことで、なんやかんや一般的なその影響とか、困ったスライスもカンタンに治せる、その効果をうまく活かす方法とか徹底調査してみました。

ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、ゴルフグリップの右手の親指を離す?ことについてのお話ブログにしたいと思っています。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

ゴルフ グリップ 右手 親指 離す(正しいグリップでナイスショット、どこまで飛ばすねん!)

■取りあえず・・正しいグリップの復習です

今回は特に右手だけに限ってのお話です。右手の基本的な握り方、グリップ方法、右手の握り方のポイントは3つあります。

一つ目は薬指と中指の2本をグリップに巻き付けるようにする事です。違う言い方をするとグリップに引っかける感じです。第二関節あたりで、シャフトをつまんでいる感じです。

手のひらでは握らないということです。小指は、オーバーラッピング・インターロッキングなどの変化させます。

ゴルフ グリップ 右手 親指 離す

(右手のひらを左手に正対してあわせる)

二つ目のポイント右手のひらを左手に対してあわせる、そろえる、正対させる、ターゲット方向に正対させる事です。そうすることで、クラブのフェース面と右手のひらが平行になりアドレスしたときや、スイング中もフェース面を意識できるようになります。

三つ目のポイントは、右手の人差し指と親指を強く握らないと言うことです。とかく右利きの方は、右手にチカラが入ってボールを叩こう、打とうとします。親指と人差し指にチカラが入るとなおさらです。この2本の指はグリップに軽く添えるようにして下さい。

特に、二つ目のポイントの右手のひらを左手に対してあわせる、このことは最初、初心者の内はなかなかどういう意味があるのか理解できませんが、だんだん上達するにつれて、スイング中のクラブのフェース面が意識できるようになってくると、右手の意識、このグリップ、握り方にしておいて良かったと思うときが来ます。なので、最初からコレを注意して意識してグリップをしまししょう。

もう一つ注意したい点は、グリップをしてから、グリップを作ってから、ボールに対してスタンスを取るということです。

この逆は、クラブヘッドのリーディングエッジを飛球線に直角に合わせてから、左手右手とグリップを作るやり方ですが、アナタはどちらですか?。

結構練習場などでは、グリップをしてから・・の方が多いように思いますが、いざラウンドとなるとなぜかクラブヘッドから合わせていませんか?結果フックボールばっかりが出たり、スライスばっかりだったり、意外な、がっかりのラウンドはコレが原因らしいです。

右手だけって中途半端な・・と、思われるアナタは、「ゴルフグリップについて、右手・左手・親指などの握り方。」こちらの記事をしっかり読んで見て下さい。わかりやすいと思います。

ゴルフ グリップ 右手 親指 離す(構えた時の見え方・・どう??)

■なぜ、ゴルフグリップの右手の親指を離す?話になるのか・・

先ほどのお話で、右手の一般的な正しいグリップの方法というのが、理解できたとしましょう!!そこで、なぜ、ゴルフグリップの右手の親指を離す?話になるモノが、ネット上に存在するのか??不思議です。

結論からのお話になりますが、たぶん・・

①右手に力が入って、スイングしている。

②右手でボールをたたきに、打ちに行くようなスイングを心がけている。

③体幹、背骨中心で回転しないで、腕だけ、右腕の腕力でボールを叩くようなスイングをしている。

④右手で叩くようなスイングをするために、右手の親指にマメができている。

⑤右手の親指で、常にクラブシャフトを押さえつけるような握り方をしているので、親指が痛い。

⑥右手でボールを叩きに、打ちに行くスイングをしているので、コックがほどけてダフリが多い。

⑦右手に力が入ってスイングしているので、フォローで最後まで腕が伸びない。フォローが小さい。

以上のようなことで、特に右手の親指にマメができたり、右手の親指が痛かったり、結果ダフリが多かったりするので、それではと、ゴルフグリップの右手の親指を離す?話になるのではないでしょうか?

ゴルフ グリップ 右手 親指 離す

原因はそこではないのに、たまたま親指を離したらうまくいったとかいって、親指を離してグリップすることになる。世間、友人からの口コミの威力はスゴイので、諸先輩から言われたわたしら初心者は、そんな方法があったのかと飛びつく。

グリップの迷路にはまって、一生苦労する。なんやかんや小細工をするので余計に手打ちになって、ボールが飛ばない。たとへパワーでボールが飛んでも、方向性が極端に悪くスコアにならない。再現性がない。

思い当たりませんか??いかがでしょうかぁ??いまならまだ戻れるかも??グリップの迷路脱出。ゴルフグリップの右手の親指を離す?話

ゴルフ グリップ 右手 親指 離す(右手のV字ができている感じ)

❒右手の親指の正しい位置、握り方、力の入れ具合

右手の人差し指と親指を強く握らないと言うことです。とかく右利きの方は、右手にチカラが入ってボールを叩こう、打とうとします。親指と人差し指にチカラが入るとなおさらです。この2本の指はグリップに軽く添えるようにして下さい。

正しい位置と握り方は・・
●右手の人指し指と親指を軽く閉じたラインが、右肩と首の間くらいを指すような位置でグリップします。

●右手手のひらが直接シャフトに付いていない、つかないので右手に力が入りにくくなります。

力の入れ具合は・・
●右手の人指し指と親指の間を軽く閉じる程度で、ちょっとだけ力入れてみます。

●人指し指の先の方は意識せず、右手の親指の腹と左手の親指の付け根をくっつける方に意識する。

●右手の薬指と中指で支えているような感じと、両手親指の腹を付ける感じを意識します。

こうすることによって、バックスイングしたときに左手親指でクラブシャフトを支えることができ、右の手首も曲がるので一般的に言われる左手のコックができるようになります。

右手はクラブを支えている感じがわかれば最高なのですが、いかがでしょうかぁ??

ゴルフ グリップ 右手 親指 離す(〇右手のグリップ、第二関節あたりで握る)

このグリップの目標、目的はバックスイング、トップで正しいコックがスムースにできるかどうか、そしてコックした感じのまま、グリップエンドからダウンスイングをはじめて行くようなイメージを、動きを作れるようにするのが目標です。いかがでしょうかぁ??

究極は、左手のグリップは小指と薬指で軽く握り、右手のグリップは薬指と中指で支えているという考え方、感じ方です。それ以外も支えている感覚です。

両手親指の腹を付ける感じというのは、別の言い方をすると左手の親指を右手の生命線で覆い被せる感じで合わせるとか、左手の親指を右手の生命線で覆い被せた親指の先あたりに、右手の親指と人指し指でできたラインがある感じです。

スイングするとクラブシャフトが両手から、抜けて飛んで行きそうですが、大丈夫です、安心して下さい

よくユルユルグリップとは言うものの抑えるところはしっかり抑えて、この感じで左腕、上腕を胸の上にのせて、くっつけて体幹の軸中心で回転して振っていくイメージです。

ゴルフ グリップ 右手 親指 離す(右手の正しいグリップの作り方です)



■右手の人指し指の話もあります・・

右手の人指し指に力が入り出すと、その反対側の親指にも力が入り、自然と腕や肩にも力が入ります。カラダ全体が力んだ感じになります。

手打ちというか、両手だけでボールを打とうとするアナタに?よく現れるあの感じです。手とか腕だけでクラブをバックスイングに持ち上げ、トップから同じように腕だけでボールを打ちに行くイメージです。

カラダ、体幹を使ってスイングができないので、結果右肩を下げてボールをすくい上げるようなスイングになります。インパクト時のフェイスの向きも、一定ではなくなるのでフックもスライスもワケわからず出ます。

根本原因は右手の人指し指に力が入っていることです。なので、結果右手の人指し指を離しましょう・・となるわけです。

人指し指を伸ばして、力を抜くことで親指も力が入らなくなって、その分右手の中指、薬指でシャフトが支えられます。右手の無駄な力が抜けて、腕や肩の力も抜けてクラブヘッドが振れるようになってきます。

スイングするとクラブシャフトが両手から、抜けて飛んで行きそうですが、大丈夫です、安心して下さい。よくユルユルグリップとは言うものの抑えるところはしっかり抑えて、この感じで左腕、上腕を胸の上にのせて、くっつけて体幹の軸中心で回転して振っていくイメージです。いかがでしょうかぁ??

ゴルフ グリップ 右手 親指 離す(①右手の親指と人指し指を離してグリップしてみます。)

■結局のところ・・・

結局のところ、いったい自分のグリップは、右手の親指とか人指し指に力を入れすぎているのだろうかと、わからなくなったそんなアナタのためのテスト方法です。

❒テスト方法

①右手の親指と人指し指を離してグリップしてみます。

②ボールを打ちに行く意識を無くして、ゆったり振ったら勝手にクラブヘッドがボール当たる感覚でスイングします。

③するとスライスが出るアナタは、左手を若干フックグリップ的にグリップします。それに右手を合わせます。

右手の親指と人指し指を離すことで、右手に力が入らなくなるので、ゆっくりリラックスしてスイングできます。その効果でクラブフェイスの向きが安定するため、最初は飛距離が若干落ちますが、打球の方向性が良くなってきます。

ゴルフ グリップ 右手 親指 離す

右手の力が抜けてきたら、下半身を意識してインパクトからフォロースルーにかけて、右足太腿を左足の太腿に運んでピッタリ付けていくように動かすことで、より体幹中心でクラブを振っていく感じがわかってきます。

こんな記事もあります。「ゴルフ!ドライバー、初心者もわかりやすい、打ち方とコツ!」、カンタンによく飛ぶドライバーの打ち方がわかります。いかがでしょうかぁ??

❒右手で考えるゴルフスイング、カラダの正面で打つために!(YouTube動画)

❒右手で考えるゴルフスイング、シャフトを抑えるグリップの形とは!(YouTube動画)

❒右手で考えるゴルフスイング、テークバック(YouTube動画)

■まず、PGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~

ゴルフグリップの右手の親指を離す?こと、その効果の活かし方などについてのお話しをしてきましたが、いかがでしょうかぁ??



日頃はあまり考えたこともなかったゴルフグリップの右手の親指を離す?ことのお話。

意外と正しいグリップって知ってるようで知らないのかも知れません。知っているけど、続けてできないのかも知れません。

本とか、雑誌とか、ネットとかいろいろなところで見たり聞いたりするけれど、一般的な正しいグリップ簡単すぎて適当になってしまうのか、知ってるけれどたかがグリップと適当になってしまうのか。

ゴルフはやっぱり道具、クラブを使ってするスポーツです。ゴルフのグリップはスイングするヒトと、ゴルフクラブとの唯一の接点です、地味ですがそれだけに一番大事なのかも知れません。

グリップ、握り方、一つとっても、チョットでも気になることがあると、なかなかラウンド中も集中できなくなります。ゴルフはやっぱり道具、クラブを使ってするスポーツです。

納得できる自分の道具にするために、クラブのこと、グリップのこと、グローブ、ボール、ウエアのことなどまだまだいろんなことがあるはずです。これからも徹底調査して行きます!よろしくお願い致します。

さあ行くぞ松山英樹。そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。乞うご期待。

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ