ゴルフグリップについて、右手・左手・親指などの握り方。

今回は、ゴルフグリップの話ということです。スイングするヒトと、ゴルフクラブとの唯一の接点で、そらまあいろんな事が言われています。

ゴルフグローブのお話もしていますが、グリップの、握り方のやり方ひとつでスイングは変わる。

スポンサーリンク



当たり前やん、右手・左手・親指など、どうグリップするのがいいのか、今さらのゴルフグリップ。

初心者の時は窮屈な握り方やな~と想いながらやってた、知らない間に我流に、適当になってる、そんなゴルフグリップ、右手・左手・親指などの握り方、考え方など。

スポンサーリンク



本当のグリップの握り方ってあるのか?。そのゴルフグリップはどこが、どう違うのか、などなど。なんかゴルフグリップ、握り方の本当がわかり易い、そんなお話がわかればいいのですが・・。調べて見ました。いかがでしょうか?。

結構グリップっていうと、握る部分部品の話と実際の握り方のお話と両方あります。今回は握り方のお話です。

松山英樹のPGAツアー賞金ランキングは2017年10月16日現在、10位というところです、賞金額はトータル、26万6,000ドル(約2,900万円)なっています。

松山英樹の2017年シーズンは、10月12日CIMBクラシック(TPCクアラルンプール・マレーシア)からの参戦になります。昨年はいきなりの単独2位でした。

最終日結果、6打差を追って出た松山英樹は、3バーディ2ボギーの「71」と1つ伸ばすに留まって、首位と8打差の5位フィニッシュとなりました。

最終18番(パー5)は大観衆の前でバーディを奪って締めて、笑顔でギャラリーに手を挙げていましたね。まあ、去年がよかったから期待も高いのですが・・ボチボチ行きましょう!!m(_ _)m

次回は10月26日から4日間、WGC-HSBCチャンピオンズ(シェーシャン・インターナショナルGC・中国)です。応援よろしくお願いいたします(^^)/

 

《豊富な品揃え!二木ゴルフオンライン お買得特典満載!!》

この応援ブログでは、ゴルフグリップの握り方、右手・左手・親指などの使い方、ゴルフグリップの種類、スイングへの影響などを話題にして、徹底調査して、ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、そんなゴルフグリップのブログにしたいと思っています。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

ゴルフグリップ 左手 右手 親指 握り方(自分に合ったグリップでナイスショット!!)

❒思った時が・・・

■一般的なグリップの種類とは??

グリップの種類といわれると、そうですオーバーラッピング・インターロッキング・ベースボールグリップと言われる3種類を思い浮かべると思いますが、要は右手の小指の絡め方3種類です。

一般的なグリップ、握り方の種類として、初心者の時に最初に本で読んだり、先輩から教わったり、それなりのゴルフインストラクターからお話を聞いたりとかしたことがあると思います。

ゴルフグリップ 左手 右手 親指 握り方(左側から、オーバーラッピング・インターロッキング・テンフィンガー)

でその時からいろいろと試行錯誤をして、どれにしようかと考えながら、練習・レッスンされた方は、それなりに上達して「いま」がアルのだと思います。

わたしらのようにとにかくボールが打ちたくて、ボールを飛ばしたくて、グリップの握り方なんぞ、その時適当にすごしてしてしまった。

中途半端に何も考えていなかった、そんなわたしらが今になっていちばん悩んでいるのがグリップ、握り方、コレです。

一応ボールを右から左にスイングして打つゴルファー(右利き)をイメージして、お話書いています。

①オーバーラッピンググリップ
いちばんフツーのグリップ、握り方という感じです。右手の小指が左手の人差し指と中指の間くらいに重なる(オーバーラップする)のでそんな名前が付いています。上田桃子、笠りつ子、成田美寿々、宮里藍などがコレです。

【長所】
・一般的なので、違和感がなくやりやすい。

・比較的、左手主導でスイングしやすい。

・右手にチカラが入りにくい。

【短所】
・女性など、手の小さい方は右手がグリップしづらい。

・右手の動きを妨げる(短所かどうか??)

②インターロッキンググリップ
右手の小指が左手の人差し指と中指の間に差し込んで(ロックするように)握る方法なのでそんな名前が付いています。
ジャック・ニクラウス、ダイガー・ウッズ、松山英樹、石川遼、森田理香子、渡辺彩香、イ・ボミなどがこれでやっています。

【長所】
・両手の一体感が保てる。

・手の小さい人、女性でもグリップしやすい。

・右手主導での、スイングがやりやすい。

【短所】
・右手にチカラが入り過ぎて、ぎこちなくなる。

・左手主導では、スイングしづらい(短所かどうか??)

・小指の短い人は、やりずらい。

③テンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)
テンフィンガーの名前の通り、右手の小指を左手の人差し指の横に並べて10本の指でグリップします。両手を使う感覚で、カラダの中心からスイングするイメージが生まれて、違和感が無ければ飛距離も伸びて、スムースにスイングができると言う方も結構います。そんな握り方です。勝みなみプロがコレです!

【長所】
・小指を絡めたり、重ねたりしないので、初心者の人は違和感なく取っつきやすい。

・手の小さい人、女性でもグリップしやすい。

・右手主導、左手主導どちらでもスイングしやすい。

・野球感覚でスイングしやすい。

【短所】
・ゴルフを長年やってる人があまりこのグリップをしていないので、評価が少ない。

・両手に一体感が少ないので、スイングイメージが出しにくい(短所かどうか??)

3種類のグリップ、握り方は以上のようですが、どれを選ぶかどれがいいかは、いろいろ試して決めた方がいいようです

ゴルフのスイングに両手、両腕の一体感を求める人もいれば、左手・左腕主導でカラダ、体幹中心でスイングする人もいます。

その人のゴルフのスイングイメージによって、握りやすい握り方、グリップというのはどれか?になるのだと思います。いろいろ試して決めて下さい。

スイングするヒト、ゴルファーの体力、スイングの感覚、スイングするときの考え方、チカラの入れ具合、意識しているカラダの場所など、スイング「ひと振り」の一瞬に対する考え方は、それはそれは人それぞれ、様々なのです。

ゴルフグリップ 左手 右手 親指 握り方(左手の人差し指と小指の下の膨らみでクラブシャフトを支えます)

■左手の基本的な握り方、グリップ方法

簡単に言ってしまうと、小指・薬指・中指に比較的他の指よりもチカラを入れて握ります

左手の人差し指と小指の下の膨らみでクラブシャフトを支え、中指・薬指・小指の付け根部分のラインにグリップが当たる感じで、指の付け根でクラブを握ります。

そして親指はシャフトの真上よりはすこし右側に置くこと、フック気味に握るとあまり親指に無理な力が入りにくくなります。

意識するのは、「人差し指と小指の下の膨らみでクラブシャフトを支える。」コレがカギです。チカラの入れ具合を最小にできて、けれどもぶれないゴルフグリップの方法です。握り方です。

小指の下の膨らみで支えられるくらいの感じ、小指・薬指・中指のチカラの入れ具合です。どっちが先かと言われたら、小指の下の膨らみで支える方が先です。

また、グリップエンドのギリギリを握るのでは無く、指1本分くらいは余らせて握るようにします。

チカラの入れ具合は右手のグリップ、握り方でも同じですが、完全にグリップの形ができた段階でクラブヘッドを天井、空の方向に向けて、クラブが床の方に、下の方にすり抜けそうなくらい緩く握ります。

思いっきりチカラを入れて握った感じを10とすると、およそ3くらいとよく言われています。

結局、チカラを入れているのは、左手の小指・薬指・中指だけという感じで握ります。ゴルフグリップです。

ゴルフグリップ 左手 右手 親指 握り方(右手の薬指と中指の2本をしっかりグリップに巻き付けるようにする)

■右手の基本的な握り方、グリップ方法

右手の握り方のポイントは3つあります

一つ目は、薬指と中指の2本をグリップに巻き付けるようにする事です。違う言い方をするとグリップに引っかける感じです。第二関節あたりで、シャフトをつまんでいる感じです。

手のひらでは握らないということです。小指は先ほどお話しした、オーバーラッピング・インターロッキングなどの変化させます。

ゴルフグリップ 左手 右手 親指 握り方

(右手のひらを左手に正対してあわせる)

二つ目のポイントは右手のひらを左手に対してあわせる、そろえる、正対させる、ターゲット方向に正対させる事です。そうすることで、クラブのフェース面と右手のひらが平行になりアドレスしたときや、スイング中もフェース面を意識できるようになります。

三つ目のポイントは、右手の人差し指と親指を強く握らないと言うことです。とかく右利きの方は、右手にチカラが入ってボールを叩こう、打とうとします。親指と人差し指にチカラが入るとなおさらです。この2本の指はグリップに軽く添えるようにして下さい。

特に、二つ目のポイントの右手のひらを左手に対してあわせる、このことは最初、初心者の内はなかなかどういう意味があるのか理解できません。

だんだん上達するにつれて、スイング中のクラブのフェース面が意識できるようになってくると、右手の意識、このグリップ、握り方にしておいて良かったと思うときが来ます。なので、最初からコレを注意して意識してグリップをしまししょう。

❒ゴルフはGDOでしょ?

■親指はどうしたらいいのか・・

ここで言う親指は、左手の親指のことで、先ほどは「親指はシャフトの真上よりはすこし右側に置くこと」と言いましたが、近頃はあまり言わなくなったように感じますが、この親指を伸ばすのか、縮めるのかというお話です。

ショートサムとかロングサムとか聞いたことはありませんか?ショートサムは親指を詰めてシャフトに対して短くして添える、ロングサムは反対に親指を伸ばして握る、グリップする事を言います

どれがイイとか悪いとかは、これもゴルファーによっていろいろなので、短くした方がいいか長くした方がいいか、いろいろ試して見て下さい。

ゴルフグリップ 左手 右手 親指 握り方(ショートサムかロングサムか試してみる?)

クラブヘッドを意識して、振り回す感じでスイングする場合はショートサムの方がクラブを回しやすいので良いと言う意見や、しっかり体幹で、クラブヘッドを打ち込んでいくタイプのスイングの方は特に意識はしていないが、ショートサムではないとか。

先ほど左手のところでお話しした、「親指はシャフトの真上よりはすこし右側に置くこと、フック気味に握るとあまり親指に無理な力が入りにくくなります。」というのと同じで意識してチカラを入れていないと言うのが左手の親指の考え方のようですが、いかがでしょうか?。

右手の親指は何度も言いますが、右手の人差し指と親指は強く握らないと言うことです。いかがでしょうかぁ?

❒無いものはない・・楽天!

■グリップ全体の自分にあった調整方法

左手のグリップ、それにあわせた右手のグリップと言う流れでグリップを作りました。小指をどう絡ませるかはいろいろ試して、試行錯誤して、自分に合った感じを見つけて下さい。

グリップは左手から握る、左手ができたら右手を平行に添える。そしてここからナノですが、キレイなゴルフグリップが完成したら、次はアドレスします。

基本的にはそのままクラブヘッドを芝の上に置くと、ソールすると、クラブフェイスは若干左を向いていると思います。なんでやねん!!ちゃんとやったのに!!とびっくりせず。

その左向いてるクラブフェイスを飛球線方向に直角に、まっすぐ向くように右肩を下げながら、両肩を結んだラインが飛球線方向と平行になるように調整します。

その左向いてるクラブフェイスを飛球線方向に直角に、まっすぐ向くように右肩を下げながら、両肘を結んだラインが飛球線方向と平行になるように調整します。

違う言い方をすると、左手の甲が目標方向を向いているように、クラブのグリップエンドが左股関節の付け根に向いているといい感じです。このあたりからはアドレスのお話になってしまうので、また別の機会にします。

ゴルフグリップ 左手 右手 親指 握り方(左からストロンググリップ【フックグリップ】・スクエアグリップ・ウイークグリップ)

❒ここでのお話は、ウイークグリップ・ストロンググリップ(フックグリップ)・スクエアグリップとか聞いた事はありませんか?そんなお話です

世間では、ウイークグリップでスイングすると、スライスばっかりでボールがまっすぐ飛ばないとか、スクエアグリップでやってるのにフックボールばっかりでボールがまっすぐ飛ばないとか、いろいろ言われます。

これもテストをいろいろやって見て、自分に最適な位置を見つけましょう。

「親指はシャフトの真上よりはすこし右側に置くこと、フック気味に握る」と言うことは、今回やってきたグリップ方法では、若干のフックグリップを作った事になります。

左手親指の位置がシャフトの真上よりは右側がフック、右側になるとフックグリップ(ストロンググリップ)。反対に真上より左側になるとウイークグリップということになります。ちょうど真上がスクエアグリップという事になります。

カラダのチカラを抜いて自然に直立した状態での、左手の親指と人差し指の関係が自然とウイークグリップの感じなのか、フックグリップの感じなのか、どうでしょうか。

人それぞれの骨格の形によって親指が内側、手のひらが内側を向きやすい方、またその反対に外側を向きやすい方と、いろいろあるのです。

思いっきりスイングをしたとき、カラダは、手のひらはこの元の自然な形に戻りやすいのです。

この本来の自然な形と目標とするインパクトの時のグリップの形を、フックグリップ・スクエアグリップ・ウイークグリップにして調整することで、一瞬のスイング時に正しくクラブヘッドがボールをインパクトをできるようにグリップを調整します。

調整できれば、スイングの再現性が高まりいつも同じ感じでスイングできるようになります。

❒ゴルフグリップの正しい握り方(Youtube 動画)
地味ですが、わかりやすいと思います。

■グリップさえできれば、あとはコレで完璧なスイングのできあがりです。

こんなスイングイメージはいかがでしょうか・・・全体的に体幹を意識して。

グリップは優しく、思いっきり握ったチカラを10としたら、3くらいでグリップする。

右側鎖骨で引き上げるような、右尻を引くバックスイング →体幹軸を中心に、勝手に腕が上がる。

視線は、クラブヘッドの最下点、クラブヘッドがいちばん低く通過するところを見ながら。

視線は、クラブヘッドのあったところではなく、ボールから自分の方向に3cm程度手前
(振り抜くための一つの考え方です、ボールは見ない!!いかがでしょうかぁ?)

⑤左足を、踏み込んでから、右足太腿を左足に付けるように運ぶ勢いで、ダウンスイング。

⑥その勢いで、腕を振ってスイングすると勝手にクラブヘッドがボールに当たる、振り抜く。

⑦振り抜く方向は、あくまでも飛球線方向。クラブは勝手にフリ上がるイメージ。

⑧そのまま、右足を左足に付け、左足体重で立ってフォローからフィニッシュ。

スタンス、上体の前傾、立ち位置、打ちたい方向はすでに合っているとしてのお話です。

ゴルフスイングで上手く打てないと悩む、わたしらに共通しているのがボールを上げようとするスイングです。

地面にあるボールに対して、ボールを飛ばしたいと思う気持ちから、ボールに対してすくい上げるのではなく、飛球線方向にボールを押し込む穴があると思ってその穴にボールを押し込む、打ち込む。そんなイメージです。

❒山本誠二プロのゴルフスイング3分クリニック「飛距離アップの練習法」(YouTube動画)です。実はグリップはちゃんとできていても、意外とコレができていないために・・飛ばないと言う人が多いです。忘れないようにしましょう!!

もう少し、わかりやすくアイアンスイングのコツを説明した記事もあります。

「ゴルフ!今さらのアイアン、打ち方とわかりやすいコツ!」お時間あれば・・寄り道してみてください。わかりやっすいと思います。

❒結局は・・お近くのゴルフパートナー

■まず、PGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~

ゴルフグリップ、ただゴルフシャフトを右手と左手で握ることだけと言えばそれまでですが、クラブヘッドの付き方がチョット普通ではナイので、このグリップというのがゴルフにおいては大変重要なことになってしまっています。たかがグリップされどグリップ

握り方、チカラの入れ具合、左右の手のチカラのバランス、手首の使い方、グリップして止まっている時と実際スイングしたときのチカラの入れ具合の変化など、一瞬のスイングの世界に非常に考えると奥の深いもんがあります。

実際のラウンドで、それぞれのボールの位置、ライ(ボールの状態)にあわせたグリップのお話というのもあるそうです。そんなことも、また機会があればまとめて見たいと思っています。

グリップ一つとってもまだまだ話はホントのところ尽きません。しっかり考えるべきなのか、あえて考えず感覚に任せた方がよいのか、そんなことを考えながらもゴルフは楽しく、明るく、元気にやりましょう!!ね。

さあ行くぞ松山英樹。そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。乞うご期待。

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ