松山英樹のパターの長さ、グリップ方法と、初心者もできるパッティング徹底調査です。

松山英樹、もう名前はよく聞きますよねぇ~。今回は松山英樹のパターの長さ、グリップの方法などを徹底調査して、何が素晴らしいのか。

どこにポイントを置いて見れば、わたしら初心者も少しは理解しやすいのか、わかりやすいのか、上達にあやかれるのかを考えて見ました。松山英樹のパターの長さ、グリップの方法などを徹底調査しました。いかがでしょうか?。

スポンサーリンク



パッティングに形はないと良く言われますが、とはいうもののやっぱり初心者でもできる、理解できるセオリー、理論が知りたくての徹底調査でございます。

スポンサーリンク



松山英樹のPGAツアー賞金ランキングは2017年9月18日現在、4位(前週4位)というところです、賞金額はトータル、823万4,445ドル(約9億1,900万円)なっています。

米国男子プレーオフ第3戦、BMW選手権 最終日(コンウェイファームズGC・イリノイ州)、マーク・レイシュマン(オーストラリア)が、最終ラウンド6バーディ、2ボギーの「67」で通算23アンダー、4日間首位を守り続けて3月「アーノルド・パーマー招待」以来となる今季2勝目を飾りました。

最終日3アンダー49位タイから出た松山英樹は4バーディ、1ダブルボギーの「69」で回り、通算5アンダーの47位タイで終了しました。

21日(木)開幕の開幕のプレーオフ第4戦、ツアーチャンピオンシップbyコカコーラ(イーストレイクGC・ジョージア州アトランタ)に突入致しました!!苦戦しています。応援よろしくお願いいたします。m(_ _)m

そこで、この応援ブログでは、松山英樹のパターに関する事を中心に、パターのなんやかんや、初心者もわかる、いろいろなことを話題にして、徹底調査して、ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、そんな応援ブログにしたいと思っています。

☆東京専用ですが・・・

■もうええでしょ、松山英樹ってだれなん?って みなさんに・・・

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。

松山英樹(まつやま ひでき)、1992年2月25日生まれ(25歳)魚座、愛媛県松山市出身。東北福祉大卒。

身長181cm・体重90kg・血液型B型家族は両親・姉・妹。趣味:釣り、ボーリング(ベスト248)野球。好きな食べ物:寿司・ウナギ。(肉より魚が好き)。

4歳から父親の影響でゴルフを始め、中学、高校と名門・明徳義塾ゴルフ部(高知県・須崎市)の寮生活のある環境で徹底してゴルフにのめり込んだ様です。
松山英樹 パター 長さ 握り方

その後の活躍はご存じの通りですが、プロ転向した2013年は自身2戦目の『つるやオープン』で早速優勝すると、計4勝を挙げて史上初となるルーキー賞金王の快挙を達成。最優秀選手賞、最優秀新人賞など史上最多となる9冠を手にした。

海外でも『全米オープン』10位、『全英オープン』6位と日本男子初のメジャー2戦連続トップ10をマーク。米ツアーを主戦場にする今季はさらに大きなニュースを期待したいと、日本ゴルフツアー機構の松山英樹プロフィールが書かれています。スバラシイ!!

松山英樹 パター 長さ 握り方(スコッティキャメロンのNewport2Timeless GSSパター)

■松山英樹はどんなパターを使っているのか?

スコッティキャメロンのNewport2Timeless GSSというモデルです。ニューポートという名前は、もともとカリフォルニアの地名から命名されていて、ブラックミスト、ニューポート2、、ニューポート2.6などネック形状やスラントラインの有無などで形状が分かれています。松山英樹の使っているパター

Newport2 Timeless GSSとは、当然のごとくプロ仕様で松山英樹特製で、特徴はその名称にもあるGSS(ジャーマン・ステンレス・スチール)というステンレスを使用。

GSSはカーボンスチールより柔らかい素材だが、インパクト時に硬い音がするそんな素材で、想像ですが非常に「打感」が、この上なくイイのではないかと思われます。

打感がイイというのは、単に柔らかいとか、固い感触というのでは無く、松山英樹自身がいいと思う感じ!!これしかないと思います。パターってそんなもんです。

でも何インチのパターつかってるんやろ~?。彼の身長を181cmとすると日本人の股下比率45.95%を掛けると83.16cm≒33インチ、動画でなんか見る限り、松山英樹の股下チョット長いくらいまでパターの長さがあるので、結果34インチかな?。いかがでしょうかぁ~

★使っているパター  スコッティキャメロンのNewport2 Timeless GSS

★パターの長さ     34インチ(独断推定)

❒最新情報では・・・2016年5月13日現在、いろいろ新しいパターを実戦で試しているらしいですね。さてエースパターは今回変更になるのか??楽しみです。ネオマレット型センターシャフトのパター(スコッティ・キャメロン コンビ プロトタイプ)を今は試しているようです。

❒もっともっと最新情報では・・2017年8月6日現在、「WBCブリジストン・インビテーショナル」で見事優勝!!テレビを見ながら・・スコティキャメロン??と思いながら見ていたのですが、違いました。

松山英樹 パター 長さ 握り方(テーラーメイドのマレット型パター・MULLENです)

テーラーメイドのマレット型パターです。松山英樹が実際に使用したヘッドは、MULLEN(ミューレン)と呼ばれるモデルです。しっかりとHIDEKIの刻印が掘られていました。

ただ、やっぱり松山英樹のプロトタイプのMULLEN(ミューレン)はベントネック形状となっています。

 

■松山英樹はどんなパターの打ち方(ストローク)をしているのか?

★松山英樹のパッティングスタイルの特徴
①アドレスのスタンス幅(両足の幅)が一般的な選手と比較して広い。(ストロークが安定する)

②両足つま先を気持ち内側に入れることで、ヒザが内側に絞られ下半身を固めている。

左足体重にして、両ひじをたたみやすくして、右肘をカラダに付けている。

④スイング軸が左へ移動し、ストロークの支点が左肩になり、パターと左腕を一体化して動かす

⑤パターのヘッドを打ち出し方向に対してまっすぐ引く、そしてまっすぐ出す。(ストロークが安定する)

左足体重にすることで、アドレスでインパクトの形を作っているため、右手でしっかりヘッドが押せる。

⑦グリップ、パターの握り方については特に特徴は無いように見えますが・・見て下さい。

以上が松山英樹のパッティングの特徴ですが、いかがでしょうか?上記の動画を見てもそんな感じがよくわかると思います。

❒松山英樹のスイング分析、パターの最新動画です。イメージつかみましょう!(Youtube 動画)

■パッティングラインの読み方

ゴルフ動画レッスン ティーチングプロ坂本龍楠(Youtube 動画)

★松山英樹ではなく、「初心者がグリーンの傾斜を読むため」と言うことですが・・・

①花道から、グリーンを見る
細かいラインよりも、グリーン全体の傾斜を見ることでラインに一番影響する傾斜を把握する。
カップを通る最大傾斜線を見つけて、その線に対してボールがどこにあるのかを確認する。

②グリーン全体の傾斜を見渡す。
全体傾斜のどの位置にカップがあるのか?を確認する。

③とにかく距離感重視で、感覚を鍛える。感覚重視。

④この3点をチェックする。
●ボールの後ろからカップまで
●カップの後ろからボールまで
●ボールとカップのラインの真横から

以上のようなポイントを、自分のパッティングの順番までにチェックするのですが、スロープレーにならないようにと、よく先輩諸氏から言われます。わたしら初心者は特に注意しましょうねぇ~。

松山英樹のテレビ映像を見ていると、かなり目線を下げて、グリーンに近づいた低い位置から傾斜を見ている事がよくあります。

また、上記の内容にあるようなグリーン全体の傾斜を見ている様子もよく目にします。あとは距離感、ボールを打つタッチの強さは、感覚の世界となるのでしょうか?。

ボールがカップから出て反対に自分のパットの位置に戻ってくるようなイメージを3回程度イメージ繰り返して、戻ってきたボールを打ち返す感覚でパッティングをするとうまくいく!という話もありますが、いかがでしょうかぁ~。

松山英樹 パター 長さ 握り方(このライン、むつかしいや~ん)

■初心者もわかる!「アナタに最適なパターの選び方」なんてどうでしょう?

①構えやすさ → パターを持って構えてみて、気持ちのイイパター。フェイスを目標に向けやすいかどうか。

②イメージ通りに打てる → 同じ距離から何球も打ってみて、イメージ通りにボールが転がるかどうか。

③安心感 → 構えたとき「なんか入りそう!」と思えるパターかどうか。

④パターの長さ → ボールを置いて、気持ちよく構えたときに、効き目がボールの真上にくる長さかどうか。

⑤ボールの位置 → センターシャフトパターは、ボールを左足寄りに置く。それ以外はボールを真ん中に置く。

以上5ポイント、いかがでしょうか?「アナタに最適なパターの選び方」です。

気持ちよく何度ストロークしてもカップインするパター、パターだけに限りませんが、何となくいやいや、無理矢理、使ってる道具って変やないですかぁ?、パターこそ感覚重視、アナタの感性、感覚を信じて選びましょう。


■これしかナイ、入るパターの握り方

(ゴルフダイジェスト・上達本舗より)

①利き手の感覚を、一番生かせる順手のグリップで握る。

②右手親指生命線に沿って、内側に曲げると、掌にクボミができる。

③そのクボミとパターグリップのカド合わせて、右手を握る。

④グリップは、右手の中指、薬指、小指の3本で握って完成。(簡単?)

これで右腕とパターが一直線になって、手の動きとパターの動きを一体化させる事ができる。なので、左手はどんな握り方でもOK!、だそうで、軽く添えるだけでもいいとか。入るパター。

うまく、グリップできているか?のテスト方法は、右手のグリップができたら、そのまま右手1本で素振りをしてみる。フォローでパターグリップの先端が右腕にあたったら正しいグリップができている証拠だそうです。また、カラダの右側を鏡に映してみてパターグリップが右腕の中に隠れているかどうか?、隠れていたらOK!。

ここまでできたら、もう一度、「★松山英樹のパッティングスタイルの特徴」を復習しましょう。
きっとアナタのパターはもっと良くなる。

❒最新情報!!ちょっと前のラウンドで思ったんですが・・人間の感覚ってスゴイっていうお話しです。

パターで打つ時にまず。
構えずに、スタンスをとらず、ボールの位置に立ってカップを見ながら、右手でパターを持ちながら、ボールの転がるイメージをしながら、カップの方向にブラブラと2~3回、パターを振って見ましょう。自分の感覚を信じてパターを振ります。

振ったと時の右手の感覚、ヘッドの動き具合を実際イメージして、ボールをヒットした時のズレ感を練習時に修正していきます。ゴルフ場の練習グリーンで10m程度の距離で距離感が合うように練習します。

練習はボール1個で10回もやれば、必ず距離感があってきます。一度お試し下さい。

スライスラインでも、フックラインでも、曲がるポイントはあるわけで、その曲がるポイントに向かってまっすぐ打ち出します。

本番では。
上り・下りは事前にチェックしておいて、距離感をイメージします。

上りのラインは、40CM程度オーバーに。下りのラインは40CM程度手前にカップをイメージして。
パターを先ほどの要領で、2回から3回振って見ましょう。

それからスタンスをとって、カップからボールが手元に戻ってくるようなイメージで視線をカップからボールまで逆にパッティングラインを見ます。その転がる感覚で、ボールをヒットします。

スライスラインでも、フックラインでも、曲がるポイントはあるわけで、その曲がるポイントに向かってまっすぐ打ち出します。

ゆっくり大きくスイングするのが、ポイントです。右足から右側に20cm~30cm程度バックスイングするイメージでゆっくりスイングしましょう。

最大傾斜線って知ってますか?、上りでも、下りでもとにかくまっすぐ打てば入るラインです。コレを早く見つける練習をしましょう。カップに対しての最大傾斜線がわかれば、比較的フック、スライスのラインも読みやすくなります、練習しましょう。

できるだけ前屈みにならず、背筋をのばして目線を高く構えてスタンスをとる、これが1番です。
上手くいきます。いかがでしょうかぁ?一度お試し下さい!!

❒松山秀樹使ってます・・

■松山英樹も最近やっている?パッティング練習方法!

松山英樹がこの頃好調なのは・・実は、岩田寛プロから教わったパッティング練習をすることで近頃の好調を維持しているようです。その練習方法がこんな感じです。

言葉はわかりませんが、イメージは伝わりませんか??

❒「Dave Pelz Putting Tutor」デイブ・ペルツ・パッティングチューター①(YouTube動画)

❒「Dave Pelz Putting Tutor」デイブ・ペルツ・パッティングチューター②(YouTube動画)

❒まったく同じものではありませんが・・近い?かも知れません!!いかがでしょうかぁ??

❒同じ感じのものも・・ありました!!が、ちょっと高い?です。

コレで3パット撲滅!!解消!!間違いなし!!

■それでもだめならこんな方法はいかがでしょうかぁ!!

「ITパッティング理論」、PGAティーチングプロの竹内雄一郎プロが開発した、パッティングのやり方、考え方です。竹内雄一郎プロは、パッティングだけを教えるパッテイング専門のコーチです。

パターでのグリップ・アドレス・ストローク・ロングパット・ショートパットすべての内容を細分化して「ITパッティング理論」ができています。

ゴルフのスコアでは、プロもアマチュアゴルファーもパター数はスコア全体の約40%を占めます。パターはどのクラブよりも多く使用されています。つまりパターを重点的に練習する事が、最短のスコアアップの最速最大ポイントなのです。

PGAティーチングプロの竹内雄一郎プロが開発した 「ITパッティング理論」、いかがでしょうかぁ?

■まず、PGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~

日本ゴルフツアー機構の松山英樹プロフィールの項目に、得意クラブ「パター」とあります。見た目、ドライバーとか、のイメージで見てしまいますが、松山英樹はパターが得意クラブだそうです。そんな割には、あまり映像や、動画、パターへの評価が他と比べて少ないように感じました。

見た目が地味?だからか、やってる事が当たり前すぎるからか、もっと松山英樹がラインを読んでいるところからパターを見たいですよね、ならば現場に行くしか無い。今年こそは現場で、トーナメントで松山英樹を見てみよう!!。

これからも徹底調査して、コツコツ情報を集め、松山英樹を応援します。PGAの賞金王になるまで!。

これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ