クラブセッティング2015、松山英樹。

松山英樹、もう名前はよく聞きますよねぇ~。今回は松山英樹のクラブセッティングについて徹底調査してみました。

その特徴は何なのか、そのクラブセッティングは何が違うのか、クラブセッティングどこにポイントを置いて見れば、わたしら初心者も少しはそのクラブセッティングを理解できるのか。

スポンサーリンク



日頃のゴルフ上達にあやかれるのかを考えて見ました。松山英樹のクラブセッティングとそれにつながる、なんやかんやについて、徹底調査しました。いかがでしょうか?。

スポンサーリンク



そして松山英樹のPGAツアー賞金ランキングは2016年9月26日現在、9位(前週10位)というところです、賞金額はトータル、419万3,154ドル(約4億2,176万円)なっています

9月22日開幕のプレーオフ最終戦、ツアー選手権(イーストレイクゴルフクラブ・ジョージア州)への3年連続出場を確定させました。

そして、ツアー選手権最終日結果、松山英樹は1アンダーで回り、通算6アンダー、首位と7打差の単独5位でフィニッシュしました。

これでフェデックスポイント年間ランキング13位となり、2014年の27位、2015年の26位の自己ベストならびに日本人最高位を更新しました!、これからも応援よろしくお願いいたします。

そこで、この応援ブログでは、松山英樹のクラブセッティングに関する事を中心に、いろいろなことを話題にして、徹底調査して、ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、そんな応援ブログにしたいと思っています。

松山英樹 クラブセッティング

■松山英樹ってこんな感じです。どう?

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。

松山英樹(まつやま ひでき)、1992年2月25日生まれ(25歳)魚座、愛媛県松山市出身。東北福祉大卒。身長181cm・体重90kg・血液型B型

家族は両親・姉・妹。趣味:釣り、ボーリング(ベスト248)野球。好きな食べ物:寿司・ウナギ。(肉より魚が好き)。

4歳から父親の影響でゴルフを始め、中学、高校と名門・明徳義塾ゴルフ部(高知県・須崎市)の寮生活のある環境で徹底してゴルフにのめり込んだ様です。いかがでしょうかぁ~

松山英樹 クラブセッティング

■松山英樹 2015最新クラブセッティング (14本)

(5/1現在)

1,ドライバー(DR)1番:スリクソンZR-30プロトタイプ8.5°
(シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD DI-8/TX44.75インチ)

2,Aユーティリティ(UT):スリクソンZ・U45#2-18°
(シャフト:ダイナミックゴールド S400/42.5インチ)

❒2015年末の取材では、本間ゴルフ TW727(19°)に変更しています。
2,Bフェアウェイウッド(FW)3番:ピン・G25 W3-15°
(シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD DI-9/TX42.5インチ)

❒2015年末の取材では、テーラーメイド ロケットボールズ ステージ2(15°)に変更したようです。
3,~10,アイアン:スリクソンZ945 3番~9番+ピッチングウエッジ
(シャフト:ダイナミックゴールド S400)

11,ウエッジ:クリーブランド588RTX2.0 プレシジョンフォージド50-10°

12,ウエッジ:クリーブランド588RTX2.0 プレシジョンフォージド56-10°

13,ウエッジ:クリーブランド588RTX2.0 プレシジョンフォージド60-12°
(シャフト:ダイナミックゴールド S400/35.25インチ, 56度だけX100)

14,パター:スコッティキャメロン タイムレスGSS(ジャーマンステンレススチール) プロトタイプ

(おまけ)
△ボール:スリクソンZスターXV(2013年モデル)

△ウエア:スリクソン
△シューズ:アシックス

という感じです。2014年昨年からすると、このクラブセッティングは、フェアフェイウッド3番がキャロウェイレーザーXブラック15°から、ユーティリティがブリジストンツアーステージX-UT U2 19°から現在のものに変わっています。

そして、ユーティリティと、フェアウエイウッド、3番アイアンというあたりは、コースによってセッティングを変えるのでしょうか?そのほかにも、

ウエッジがクリーブランドCG17-TGZから変更されていますが、同時に昨年は54°・60°と2本だったのが、今回50°・56°・60°と3本セットになっています

(ちょちょちょっとまて、14本ちゅうのは、ゴルフルールで一人の選手がコースに持ち込める最大クラブ本数ということで決められています。)

❒グルコサミンよりスゴイらしい!!

■松山英樹 最新クラブセッティングの特徴

そんな、たいそなもんでもないですが、素人目に見ても、ウエッジが入る、増えるということは、よりグリーン周りを充実させて、ショートゲームをきっちりやって、スコアに近づけようという想いがこのクラブセッティングには感じられます。いかがでしょうかぁ~。

そもそも、パッティングやアプローチがうまい松山英樹なので、あたりまえといえば、あたり前田のクラッカー。やはり、今年が楽しみです。

現在好調の原点ここに有り!かな。とはいうものの、プロゴルファーはそのトーナメントごとに、クラブセッティングをコロコロ変えるので、2015年のクラブセッティングがベストレギュラーセッティングと決まっているわけではあ~りません。そんな感じで見てやって下さい。


■松山英樹 クラブへのこだわり

松山英樹のクラブへのこだわりと言えばこんな感じです。

ドライバーはヘッドはやや小ぶりのものが好みで、長く使っている『スリクソンZR-30』もそのためで、ヘッド自体は簡単ではないということです。

フェースはつかまりやすい、比較的、フェイスが幾分左を向いているものが好きで、他のストレートタイプやオープンな感じのフェースはかまえられない、イメージとしてつかまる感じがしないと言っているそうです。

こんな、イメージを言う松山英樹は、プロの中でも少数派だそうです。たぶん、ヘッドはつかまるようにして、スイングで逃がす意識を持っているんじゃないでしょうか、わたしらには難しい話です。

ロフトも、高校生の頃からずっと9.5°のままで、とにかく難しいクラブはイメージがでないようです。とういことはZR-30はやさしいクラブなのか?シャフト、クラブシャフトに関しては、カラダが大きくなってパワーもつくようになって、比較的重いものを使うようにななったけれど、極端には重くしてはいないということです。

また、シャフトは、いわゆる“しなり系”ではなく“弾き系”が好みで、その重さが変わっても以前から一貫しているようです。ドライバーシャフトのこだわりという点で言うと、ネック。

ネックがヘッドと同じ塗装のものはダメで、ヘッドとソケットのあいだに金属部分がないとすんなり構えられないそうです。

ユーティリティで言うと、以前はアイアン型ユーティリティをバッグに入れていて、主にパー5のセカンドショットで使っていましたが、昨シーズンの後半からはハイブリッドを入れているそうです。

飛距離を稼ぎつつ、絶対にフェアウェイをキープしたいティショットで多用しているようです。アイアン型のよりもやっぱりハイブリッドの方が比較的飛ぶんですかねぇ~。

アイアンの好みの傾向は高校生の頃からほとんど変わっていなくて、ヘッドは大きすぎず、かといって小さすぎないのが好きなようです。一般的なフツーのタイプ。

おそらく松山英樹のアイアンヘッドの好みは大きさぐらいですが、しかし重さは重視しています。それは、スイングバランスではなくて、持ったときの重量。総重量にはとても敏感で、わたしらと違う、重さを感じたいようです。

パワーがあるんですね。それに関連して、シャフトは高校3年のときにDG-S300からS400に替えて以来、ずっとS400を使っているそうです。

松山英樹ほどのパワーがあれば、X100を選びそうなんですが、X100は硬いものの、少し軽い。DGの中では、S400がいちばん重いそうです。

たぶんしなりも感じたいのでしょうが、松山英樹は手元でクラブをコントロールする感覚が欲しいらしい。今後も軽くて、硬いX100に替えることはないだろうという事です。

松山英樹のアイアンに関して、もう一つ興味深いのは、以前、グリップ交換をしたときに、太いグリップは使えないと言っていたことがあったそうです。

ジュニアの頃に使った細いグリップに慣れてしまったのがその訳だそうで、ちょっとでも太いと違和感があるということです。

松山英樹の手は決して小さくないと思いますが、他のプロとくらべても外径が小さい、細めのグリップが好みで、これもこだわりのひとつじゃないでしょうか。

松山秀樹 クラブセッティング

ウエッジに関しても、ヘッドはどちらかといえば大きめのやさしいモデルが好みだそうです。そしてヘッドの座り具合をかなり重視していて、置いたときに歯が浮いてしまうのは嫌いなようです。

まだアマチュアの頃に、松山英樹自身がウエッジを持参して、スリクソンのプロショップを訪れソールを削ってほしいと依頼した事があったそうです。そしてソールのヒール部分をかなり削り落としたそうです。

ヒールを落とすと、普通に構えたときもフェースを開いたときもクラブの座りがよくなるし、抜けもよくなるそうです。けれど、芝にペタッとはりつく分、わたしらなら、ざっくりやってしまう危険がありますが、そこは高い技術でカバーできるようです。

さすがですねぇ~。以上こんな感じです。

大きめのやさしいヘッドが好みで外観よりイメージを重視するのが松山流とか、B型やねぇ~感覚重視。そして、こんな事も言われています。

松山英樹は外観よりも、球筋など自分のイメージを大事にしているので、もし松山モデルというクラブがあったら、シャフトさえ軽いものを選べば、わたしらでも十分使えるはずだと。え~やんそれぇ~。でもそれは現実の話ではあ~りません。

■「アナタに最適なクラブセッティング」どうでしょう?

クラブセッティングというのは、パターのお話の時にもありましたが、そもそも何となくイヤイヤ、無理矢理、使ってる道具って変やないですかぁ?。

クラブセッティングも感覚重視、アナタの感性、感覚を信じて選びましょう。

使いやすい、ゴルフ場でここぞというショットをするときに、余計な緊張をしなくていいものを選びましょう。

気に入ったクラブなら、練習も楽しい!、もちろんラウンドも楽しい!、いかがでしょうかぁ~。そこで、アナタのクラブ選びの参考にごらん下さい。

❒あの、マーク金井さんが、伝授します。こんな考え方・・・どうでしょう。画期的。

(マーク金井と森下千里の「よそでは言えないゴルフの極意」 クラブセッティング・Youtube 動画)

■まず、PGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~

ドライバーから、ピッチングウエッジまでそれぞれの飛距離を階段のように揃えて、またそのクラブそれぞれの飛距離を覚えておくこと、自分の飛距離を覚えておくことも、ゴルフでは大事なひとつです。

クラブセッティングにあれこれ悩みながら、考えることそのことが楽しくて・・なんて、次のラウンドでは、どないしたろぅなんて、まだまだ早いかぁ~わたしらには。

そんなこんなイイながら、これからも徹底調査して、コツコツ情報を集め、松山英樹を応援します。PGAの賞金王になるまで!。

これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ