ゴルフ!松山英樹にとって、オークリーサングラスとは??

今回も、松山英樹のお話です。松山英樹は2013年4月プロ転向を宣言してから、もう5年と6ヶ月になりつつあるという今日この頃です。

今回は松山英樹のアイウエア、オークリーサングラスに注目する・・そんなお話ですが、松山英樹がオークリーサングラスとアイウエア契約をしたのは、2013年6月です。

4月にプロ転向を宣言してから、速攻でした。松山英樹のスポンサー契約先は、いまいろいろ分かっているだけで9社になります。

その中で一番最初、オークリージャパンとアイウエア契約を締結したと発表しました。年間1500万円(推定)の4年契約。このオークリージャパンはイチローや宮里藍プロとも契約しています。

一般的には、レクサスのトヨタ自動車やスリクソンのダンロップスポーツがいち早くスポンサー契約をしたのかと勝手に思っていましたが意外でした。

そんな詳しいお話は、「愛車レクサスとロレックス、野村HDも、スポンサー契約金など、松山英樹の話!!」という記事にまとめてあります。よろしくお願いいたします。

ところで・・松山英樹のPGAツアー賞金ランキングは2018年9月12日現在、52位というところです、賞金額はトータル、215万3,477ドル(約2億4010万円)なっています。

2018年9月10日、BMW選手権最終日(ペンシルベニア州・アロニミンクGC)、首位と4打差の7位で出た松山英樹は4バーディー3ボギーの69、通算14アンダーの15位となりました!!。応援ありがとうございました!!\(^o^)/

今回の応援ブログは、「松山英樹にとって、オークリーサングラスとは??」ということで、松山英樹とオークリーサングラスについて、いろいろと徹底調査してみたいと思います。

ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、そんな松山英樹とオークリーサングラスに注目したお話ブログにしたいと思っています。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

松山英樹 オークリーサングラス

❒初心者専用!東京専用!、思った時が始め時です・・。

■松山英樹はオークリーサングラスとスポンサー契約しています。

松山英樹は2013年4月プロ転向を宣言してから、結構、速攻、2013年6月「アイウエア、オークリーサングラス」とアイウエア契約をしました。

6月24日、オークリージャパンとアイウエア契約を締結したと発表しました。年間1500万円(推定)の4年契約です。

オークリージャパンはイチローや宮里藍とも契約しています。これから松山英樹が契約先のオークリージャパンの力強いサポートを受け、ゴルフ界のイチロー?を目指す事になります。

「プロになって最初にオークリーさんと契約させていただき本当にうれしい」

と笑顔で語っていました。結果、プロになって最初のスポンサー契約は意外にゴルフクラブではなく、サングラスでした。

このオークリーサングラスは、松山英樹自身が格好いいということと、そして一流の先輩イチローや宮里藍プロらとも契約していることから、話が進んだ?ようです。でも、それだけでも無いようです。

松山英樹 オークリーサングラス

 

■松山英樹はなぜ?オークリーサングラスとスポンサー契約したのか?

松山英樹は2013年6月24日、オークリージャパンとアイウエア契約を締結したと発表しました。年間1500万円(推定)の4年契約でした。

当時は、ゴルフが正式競技になるリオオリンピックを見据えた4年契約でした。その後契約が更新されたかどうか?はニュースになっていないので分かりませんが、今も松山英樹がオークリーサングラスを使っているので間違い無いと思っています(笑)。

そんな松山英樹がオークリーサングラスと一番にアイウエア契約をしたことには、実はこんなお話がありました。

松山英樹がサングラスを重要視するようになったのは高校生の時だそうです。紫外線の強い海外遠征先でサングラスを付けずにプレーをして目に違和感を覚えたそうです。

遠征後は「なんかボールが見にくいな?」と感じていたそうです。その後半年後に視力を測定してみると何と!、1.5あった視力が0.2まで落ちていたそうです。

それ以来、プレー中は目を保護する意味で、サングラスを使用するようになった、というお話がありました。

プロになった2013年、これから世界を舞台に戦って行く、海外が当たり前になる松山英樹にとって、とにかく一番に契約したかったのが、サングラスのオークリージャパンだった、と言うわけです。

松山英樹 オークリーサングラス(ちょっと大きすぎる?かな・・)

このアイウエア契約の記者発表の時には、オークリージャパン株式会社の村山社長からサプライズがありました。

松山英樹が普段から使用しているRadarLock(レーダーロック)のイエローフレームとポジティブレッドのレンズに松山英樹がいつも心にとどめている言葉として「一生懸命」の文字が刻まれたオークリーサングラスがプレゼントされました。

実はオークリージャパンさんは2010年11月(松山英樹、大学2年生)頃から、自社のサングラスの使用をすすめていたようです。

当時サングラスへの認知度は、重要性は国内でも十分認められていたのですが、ゴルフのジュニア世代は大会時の使用禁止等、やはりサングラスへの偏見もあったようです。

そんな状況のなか、オークリージャパンさんはサングラスによる「眼の保護」や「パフォーマンス向上」などの効果を松山英樹に説明を繰り返し、結果納得してサングラスを掛け始めたのだという。

しかし、実際は松山英樹はサングラスになかなか慣れることができず、長時間掛けることができなかった。

なので、最初は薄めのレンズカラーから徐々に使い始めたところ、サングラスを掛けることに慣れていったというお話です。

契約前からいろいろと松山英樹のアイウエアに対して面倒を見ていたオークリージャパンだったからこそ、松山英樹の信頼を勝ち取っての契約だったようです。

松山英樹 オークリーサングラス(創業者、ジム・ジャナード氏)

 

■オークリーサングラスについて!もうちょっとだけ・・調べてみました。

今まで松山英樹のサングラスのお話から、オークリー(Oakley)社のお話をしています。オークリー社は、当初1975年ジム・ジャナード氏によってモトクロス・BMXのハンドグリップメーカーとして創設されました。

松山英樹 オークリーサングラス(BMXのハンドルのグリップです)

その後ゴーグルの開発を経て、80年代にサングラスを主力商品としてアイウェア業界に参入。機能性を備えたレンズとデザインを持つスポーツサングラスのメーカーとなります。

わたしらも70、80年代スキーのゴーグルでオークリー(Oakley)を使ってましたね、思い出しました。

松山英樹 オークリーサングラス(最新モデルのスキーゴーグルです!)

今では、米軍特殊部隊SEALsやデルタフォースで制式採用されたほか、ロードレース、スノーボード、野球、ゴルフ等のアスリートがオークリーの製品を愛用しており、わたしら一般のファンも当たり前に多いです。

「Technology Wrapped in Art」(芸術的なデザインによって包括された技術)をメインコンセプトとし、「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか」をテーマに技術開発を日夜続けています。

全世界で約600の特許を取得しているそうです。そしてなんと!社名の「Oakley」は創業者ジム・ジャナードの愛犬(イングリッシュ・セッター)の名前だそうです。

サングラスで一番大事なレンズは、表面のみを加工するのではなくレンズそのものが紫外線カット機能を持っています。なので、もし表面に傷がついてもUVカット機能などが失われることもありません。

そして紫外線のシャットアウト率は100%といわれており、また紫外線のみならずブルーライトも完全カットするといわれています。

衝撃への耐久性も優れていて、銃弾を受けても破損することがないとされています。スポーツでは衝突やボールなどの衝撃を受けることが多いですが、それくらいの衝撃ではびくともしない耐久性を持っています。

松山英樹 オークリーサングラス(ちょっとコワイ??松山英樹です!)

このように品質についても機能性についても研究を重ねて新しい製品を作り続けているのがオークリーの人気の理由であり、アスリートから高い信頼を得ていることにもつながっています。

オークリーサングラスの公式サイトは「オークリージャパン・サングラス」コレです!!。オリジナルなサングラスもつくっていただけます。

サングラスだけではなくて、直営店限定アパレル、ゴルフウエアもアリマス。

このサイトからのオーダーも可能です。お気に入りがあれば、よろしくお願いいたします。(^^)/

なーんか良いことづくめで・・信じられないのですが、本当のお話です。いかがでしょうかぁ??

松山英樹 オークリーサングラス(こんなんも、アリマス!!)

❒使わないクラブ・・ありませんか?もったいないですよ!売りましょう・・

■ゴルフで使うオークリーサングラス、オススメはコレです!!

(1)オークリー

❒Radar® EV Path® (Asia Fit)  ¥29,160(税込)

一般的な市場価格は¥18,600.-(税込)前後です。選ぶタイプにもよりますがいかがでしょうかぁ??

松山英樹 オークリーサングラス商品コード: OO9275 です。)

松山英樹 オークリーサングラス(いろんなタイプがアリマス。)

●フレームカラー: Polished Black

●レンズカラー: Prizm Black

●フィッティング:: Asia

●製品のカラー: POLISHED BLACK

●商品コード: OO9275

■オークリーサングラスに対抗する、ゴルフサングラスはコレです!!

(2)メガネスーパー

❒  INITIALEYES INI-303G 1(BK) 70 ヘンコウGN ¥9,612(税込)

メガネスーパー一押しのゴルフ専用サングラスです。イニシャライズINI-303G1(BK)70です。メガネスーパーならではのこだわりポイントが6つあります。いかがでしょうかぁ??

①日本人の顔にあわせて独自に設計し、抜群のかけ心地を追求しています。

②既製品のサングラスとは違い、各パーツごとに調整可能なように設計されています。

③レンズの緑色を調整して、グリーンの起伏や傾斜を見やすくしています。

④カラーレンズや偏光、ミラータイプなど豊富なレンズがあり、度付対応も可能です。
(※通販サイトのみ度付非対応)
⑤全品UVカットレンズなので、紫外線対策が気になる方にもおすすめです。

⑥ブルーライトカット機能もついています。

松山英樹 オークリーサングラス
(イニシャライズINI-303G1(BK)70)

❒メガネスーパーのサイトはコレです!「イニシャライズINI-303G1(BK)70」。

 

(3)JINSメガネ

❒JINS Golf(ジンズゴルフ) サイズ:L SG-11N-9001 ¥7,990(税別)

JINSメガネは、プロゴルファー宮本勝昌プロと共同開発したゴルフ専用サングラス JINS Golfを2011年7月より発売しています。

松山英樹 オークリーサングラス

人気商品 Air frameと同じ素材を使い、日本人の顔型を研究したことから生まれたフィット感のよいフレームに、グリーンの起伏や芝の状態が見えやすく、強度と耐久性にすぐれたレンズを組み合わせた、ゴルフに最適な設計となっているそうです。

価格は7,990円とリーズナブルで、+12,000円で度付きレンズを入れることも可能。メガネユーザーにとってはうれしいところです。

今回JINSではあえてサングラスを掛けていなかった宮本プロに共同開発を依頼し、宮本プロが実際に試作品を着用してプレーし、細かいレンズの角度、構えた時の光の入り方、テイクバックした際の目の動きなどを細かくチェック。

宮本プロいわく「サングラス未経験の方にも納得のいくサングラス」が完成したそうです。

松山英樹 オークリーサングラス(JINS Golf  Lサイズ SG-11N-9001 )

松山英樹 オークリーサングラス

JINS Golf  サイズM SG-11N-9002。カラーはピンク/パープル/ホワイト/ブラックの4色あるそうです。

❒もっと詳しいお話は・・「宮本勝昌プロとの共同開発 JINSのゴルフ専用サングラス JINS Golf

 

(4)眼鏡市場

眼鏡市場では、G-CLEARというゴルフ専用レンズを独自開発しています。従来のゴルフ用レンズは、レンズを染色することで色をつけていました。

G-CLEARは、より芝目をクッキリ際立たせ、グリーンの起伏やラインを鮮明に見たいというゴルファーのニーズに応えるため、レンズ素材自体に特殊な色素を練り込むという新たな製法を開発しました。

結果、理想的な分光特性を出すことに成功、「いままでにない、見え方」を実現しています。

❒G-CLEARレンズなら、こんなことが実現できます。

●薄型非球面レンズや薄型遠近両用レンズでゴルフ専用眼鏡を作りたい。

●グリーンの芝目をしっかり見たい。

●グリーンやフェアウエイのアンギュレーションもしっかり見たい。

●遠くのボールやピンフラッグもハッキリ、クリアに確認したい。

❒価格は・・眼鏡一式価格(フレーム+レンズ)+特殊加工価格¥3,240.-(税込)

だそうです。フレーム+レンズの選び方次第?というところです。

松山英樹 オークリーサングラス(こんな感じですかぁ~!)

松山英樹 オークリーサングラス眼鏡市場では、株式会社デサントが展開する“le coq sportif”ゴルフコレクションとのコラボレーションサングラス「le coq sportif×i-ATHLETE」を2015年3月より全国の眼鏡市場にて発売しています。

「le coq sportif×i-ATHLETE」は、ゴルフシーンでの機能性とファッション性の高いアイテムで人気の“le coq sportif”監修による洗練されたデザインと、眼鏡市場のスポーツフレーム“ i-ATHLETE”と、ゴルフ専用レンズ“G-CLEAR”のスポーツテクノロジーが融合したゴルフ専用サングラスです。

こちらの方がわかりやすいですね!。「le coq sportif×i-ATHLETE」いかがでしょうかぁ??。価格は税込¥14,000.-あたりです。

詳しいサイトは「眼鏡市場、「le coq sportif×i-ATHLETE」」です。

 

(5)メガネの三城

パリミキのゴルフ専用メガネに SRIXON(スリクソン)モデル登場、アドバイザーに中嶋常幸氏が就任!そんなニュースがありました。

松山英樹 オークリーサングラス

2009年からゴルフ専用メガネを販売している パリミキ・メガネの三城は、ゴルフ用品ブランド SRIXON(スリクソン)とコラボしたメガネ・サングラスを2012年4月に販売開始しています。

PARIS MIKI × SRIXON ゴルフ専用メガネ・サングラスは、オールチタン製でシンプルかつミニマムな SR-502と、強度とデザイン性を両立し、ホールド感にもこだわった SR-503の2タイプがあります。

フレーム価格はいずれも27,000円というところです。

松山英樹 オークリーサングラス㊤が502㊦が503です)

ゴルフ専用レンズ、SP EXTREMES  GOLF/R は、錯乱する短波長(青色波長)の光を効果的にカットすることでまぶしさを抑え、さらに緑~黄色の波長を逆に通すことでコントラストを高め、コースの起伏やグリーン上の繊細な凹凸、芝目などが見やすくなるよう考えられています。

松山英樹 オークリーサングラス(まぶしさをカット、コントラストアップです)

レンズカラーはノーマルブラウン、インパクトブラウン、ダークブラウンの3色。天候や季節、好みに応じて選ぶことができます。度なしなら6,000円(ゴルフ専用フレーム購入時に限り)となっています。

そしてもちろん、度付きレンズも用意されています。超薄型レンズをはじめ、レンズの端の方まで見やすい非球面レンズ、遠近両用レンズ、広い視界が得られるハイカーブレンズなど7種類の豊富なバリエーションがあります。

❒よりどりみどりのレンズ・・
●標準レンズ:12,000円
●非球面レンズ:16,200円●
●両面非球面レンズ:22,500円(非球面レンズよりもさらに見やすい)
●内面非球面ハイカーブレンズ:28,800円
●二重焦点レンズ:33,000円(境目のある遠近両用レンズ)
●遠近累進レンズ:39,300円(境目のない遠近両用レンズ)
●超薄型内面非球面ハイカーブレンズ:37,200円

さすが、パリミキ・メガネの三城というところでしょうか、ただちょっと価格がやっぱり高いような気がします。いかがでしょうかぁ??

(6)メガネの愛眼

メガネの愛眼は、なんと“最強のサングラス”として、Oakley、オークリーのサングラスをそのまま店舗で販売しています。

愛眼のサイトからLINE UPでOAKLEYを選べば、あの「OAKLEY RADARLOCK レーダーロック」や、「OAKLEY RADAR EV レーダーイーブイ」も選べます。

まずは、お近くの店舗検索をしてお店でいろいろ相談してみましょう。ネットでは出ていないモデルも取り寄せ可能だそうです。

あとは価格ですが、一度お店に行って確認してみましょう。いかがでしょうかぁ??

メガネの愛眼公式サイトは、「メガネの愛眼・オークリー」です。

松山英樹 オークリーサングラス(この人も、オークリーでした。)

という感じでいろいろ見てきましたが、やっぱりメガネ、アイウエアは実際自分で試着してみて決めないとなかなか上手くフィットしませんよね。

一番良いのは、個人的にはオークリーの直営店舗に行って、実際のサングラスを試着して、価格も確認して、良ければ購入すればいいと思います。

特にわたしらのように近眼、老眼等、遠近両用が必要な皆様はその場で検眼して、自分のサングラスが作れる方が安心できますよね。

しっかり裸眼で見える皆さんは、店舗で気に入った商品が確認できればあとはネットでも同じ商品が安く手に入れば、バッチリです。いかがでしょうかぁ??

■こんな動画も・・アリマス!!

❒リオ五輪を見据え、松山英樹がオークリーと4年契約!(YouTube動画)

松山英樹は2013年6月24日、オークリージャパンとアイウエア契約を締結したと発表しました。年間1500万円(推定)の4年契約でした。その時の動画・・ありました。(^^)/

❒松山英樹プロと同じものを使えばゴルフが上手くなるかもしれない!(YouTube動画)

タイトルだけ見れば・・ほんまかいなぁ??あやかりたい??そんな動画です。ちょっと長いです(15分)がよろしくお願いいたします。オークリーサングラスのメリットを、しっかり確認できます。m(_ _)m

❒迷った時は・・楽天市場!!でしょ・・

■まず、PGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~

今回は、松山英樹が2013年4月プロ転向を宣言してから、もう5年と6ヶ月になりつつある今日この頃。今更にオークリーサングラスと松山英樹のことに注目してみました。

松山英樹のアイウエア、オークリーサングラスに注目したお話でしたが、たかがメガネ、サングラスですがプロゴルファーにとっては仕事の一部、重要な役割を担ってるモノなんですね。

ファッション的に良い感じ?というわけではなく、本当にゴルフのパフォーマンスを高める重要な役割を持ってることがよくわかりました。

アイウエア、オークリーサングラス、たかがサングラスにもしっかりこだわれば、わたしらアマチュアのオッサンのラウンドも、ちょっとパワーアップするかもです。いかがでしょうかぁ??

そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。今後ともよろしくお願いいたします。

こちらの記事も多く読まれています!

One Response to “ゴルフ!松山英樹にとって、オークリーサングラスとは??”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ