ゴルフで起こる背中の痛み、その原因と予防ストレッチの方法など。

ゴルフで起こる背中の痛み、ご存じですかぁ~。今回も松山英樹ではなくて、今回はゴルフ背痛の原因、対策と解消法です。ゴルフのレッスンガンバッテゴルフ背痛。

スポンサーリンク



日頃のお仕事でのハードワークの背中の痛み。どんな感じでなってしまうのかゴルフ背痛。どうしたら早く治せるのかゴルフ背痛。

座ってる時寝ている時も痛い、ちょっと動くともっと痛い、なんかビビット電気が背中を走るような、そんな背中の痛み。スイングするとビビット痛い、ゴルフどころではなくなってしまう、ゴルフでの背中の痛み。

あまり大げさに言えないけど、痛い、我慢しているゴルフで起こる背中の痛み。

そんな背中の痛みを、早く治して、ゴルフが少しでも早くできるようになるための、そんなお話がわかればいいのですが・・。いかがでしょうか?。

スポンサーリンク



このブログでは、ゴルフで起こる、発症する背中の痛み、背中の痛みの原因は、ゴルフ、デスクワーク、重労働、家事、等々様々な原因があるようですが、特に今回は、ゴルフ中心にポイントを絞って、その原因と対策、ストレッチ方法など自分でできる予防方法など。

いろいろな部分を話題にして、ゴルフの背中の痛みを徹底調査して、ゴルフをバリバリの皆さんにも、ゴルフこれからの皆さんでも、チョットみんなに、みんなで話したくなる、そんな応援ブログにしたいと思っています。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

ゴルフ 背中 痛み 原因 ストレッチ

(早く治して、ゴルフがしたい!!)

そして松山英樹のPGAツアー賞金ランキングは2017年3月12日現在、1位(前週1位)というところです、賞金額はトータル、444万9,498ドル(約5億700万円)なっています。

一週間の休みを挟んで3月16日~19日、「アーノルド・パーマー招待byマスターカード」(ベイヒルクラブ&ロッジ・フロリダ州)に出場しています。

2日目終わって、5バーディ・2ボギーの3アンダー「69」とスコアを伸ばしています。結果、通算2アンダーの20位となっています。

首位とは8打差まだありますが、ショットが好調になってきているので、これからの決勝ラウンドは楽しみになるんじゃないでしょうかぁ~、応援よろしくお願いいたします。(^^)/

ゴルフ 背中 痛み 原因 ストレッチ

■ゴルフが原因?背中の痛み。なんでなるのん?

そうなんです!!ゴルフが原因!!という痛みと実はゴルフが原因ではない、そうではナイ背中の痛みというのもたくさんあります。そんなワケで、もしこれからのお話以外の感じがしたら、要注意!!

速攻内科へ走る方!、または整形外科へ走る方!などなど、冗談ぬきで考えて下さいね。

ゴルフの練習が原因の場合は、一般的に言う「筋肉痛」と言うことになります。どうしたら、どんなことをしたらこの「筋肉痛」、ゴルフが原因の背中の痛みが出るのか、なってしまうのか?。いろいろと調査してみました。

ゴルフが原因の背中の痛みの原因、ゴルフ背痛になるのは、一般的には、過度な、無理な、練習のしすぎが原因とよく言われています。

いろいろ調査してもそんな感じになってしまい、結果安静にしたら、痛みのある部分を休ませたら、痛みが徐々にとれて治るように書かれているレポートが多いのですが、本当の原因はなんでしょう?以下ゴルフ背痛の痛みの原因、思い当たるところです。

❒ゴルフ背中の痛みの原因
①過度な練習のやり過ぎ、筋力不足と背中部分の柔軟性不足(ストレッチ不足、準備体操不足も)

②ボールインパクト時の衝撃、もしかしてドスンと練習マット叩いてませんか?

③極端な右手の強い手打ち打法(②番とも関連します)

背中の丸まった、猫背姿勢による、手打ち打法(カラダが、上半身がうまく回転しないので、手打ちになる)

極端な腕力、特に右手をよく使うハードヒット打法(①番との関連あります)

⑥股関節のカタイ、上半身だけを、ねじる、ひねるスイング打法(カラダが、上半身がうまく回転しないので、手打ちになる)

⑦長時間同じ動作を、継続するために、同じ筋肉に集中的に負荷がかかる(ゴルフ以外のお仕事でも有り)

⑧長時間同じ姿勢を、維持するために、同じ筋肉が疲労する事で痛みが発症する(ゴルフ以外のお仕事でも有り)

いかがでしょうかぁ?ゴルフ初心者の方々が無理矢理、腕に力を込めてボールを叩く、それこそ本当に腕力に任せてボールを叩く、打つ。

それだけならまだしも、ボールを高く上げようとしてすくい上げる、両足を踏ん張って上半身腕だけでボールを叩く、この動作が何度も何度も繰り返される。

100回、200回と同じ方向へ、一方向へ繰り返されます。コレがゴルフの練習や!と言わんばかりに何度も、何度もスイングすることで、同じ筋肉が酷使され続け、最後には筋肉痛を起こす

背中の筋肉が痛くなってくる。暖かい時期ならまだしも、寒い冬などにウォーミングアップもせずに、準備体操もせずにいきなりボールを打ち出す、ドライバーを振り回す。どうでしょう?コレが原因。ゴルフ背中の痛みの原因。

上記の内容に覚えがナイ?十分休養も取っているのに、背中が痛い。こんな場合は、別の原因が考えられます。一度内科、整形外科、等受診してみて下さい。

ゴルフ 背中 痛み 原因 ストレッチ

(毎日こんな感じ・・ですか??)

■ゴルフでの背中の痛み、体験談。

体験談?コレもワタシ自身のいやな、過去の体験談です。ゴルフを始めた頃の「とにかくボールを叩いて遠くへ飛ばす」それだけが楽しい時期、打ちっ放しの練習場で何度も何度もボールを打つ。

ダンプカー1杯のボールを打たんとうまくなれないとか、なんとか言われて、とにかくボールを打つ。そんな時期に右肩甲骨の内側が見事に痛くなって、右手が肩から挙がらなくなり、背中の中心が痛くて痛くて、呼吸をすると背中が自由に動かないので息ができないのです。

深呼吸のように息が吸い込めない、そんなことになってしまいました。ちょっと休憩していると、痛みは消えたように思えるのですが、スイングを始めると「ピーン」と肩甲骨の内側の筋肉が突っ張る感じで、めちゃくちゃ痛い。

結果、ゴルフの練習は休むしかなく、お風呂に入って、湿布を貼って、血行促進を期待してストレッチ体操。おきまりのパターンです。

ゴルフの練習どころか、右手で筆記用具が持てない。仕事ができない、ここまで来ると、とんでもない話です。

コレを機会に、ゴルフだけはやっぱりスクールに入って、ちゃんとしたインストラクターに習った方が早いと思った次第です。ゴルフに限りませんが、結果上達はその方が早いような気がします。

スキーと、水泳と、ゴルフはちゃんとしたインストラクターに習った方が、早くうまくなれて後が楽しい!!いかがでしょうかぁ?

ゴルフ 背中 痛み 原因 ストレッチ

■ゴルフでの背中の痛み、どんな感じ?痛い?

ゴルフスイングのように、長時間同じ動作を継続するために、同じ筋肉に集中的に負荷がかかる。

また、一般的なデスクワーク、パソコンでの作業など、また赤ちゃんを左手で、左腕でずっと抱くなど、長時間同じ姿勢を維持するために、同じ筋肉が疲労する事で痛みが発症する。

そんなことが、背中の痛み、背痛を発症させることになります。

背中の筋肉痛、お医者さまが言う正式名称では「筋筋膜痛症候群(きん-きんまくつう-しょうこうぐん)」とか、「筋膜性背痛(きんまくせい-はいつう)」と言うようです

このレベルで、湿布をもらって安静にして下さい。と言われている内はまだまだOK!。ちゃんと言うことを聞いて安静にしましょう、そしてストレッチ体操をして、早く痛みの原因を取り除きましょう。

腕を振ってゴルフのスイングをすると、腕の筋肉は上腕三頭筋(じょうわん-さんとうきん)、上腕三頭筋は肩の後ろ側にあって腕を動かす「三角筋(さんかく-きん)」や頭を支える「僧帽筋(そうぼう-きん)」に繋がり動く。

そして背骨に沿って姿勢を保ったり体を起こしたりする「脊柱起立筋(せきちゅう-きりつきん)」や肩甲骨を内側、背骨側に引き寄せる「菱形筋(りょうけい-きん)」へと動きが繋がっています。

腕を動かす、ゴルフスイングの動作がすべてに影響します。腕だけではありません。当然ですが・・

ゴルフ 背中 痛み 原因 ストレッチ

腕の筋肉と関節も肩の筋肉も背中の筋肉もすべては関節と共に繋がっています。なのでゴルフの練習でを無理矢理使ってスイングすると最初はが頑張ってますが、だんだん疲れてくると、肩の筋肉や背中の筋肉が一緒になって腕を助けようと動き出します。

日頃からあまり動いていないと、柔軟性が無いと、肩も背中の筋肉も動きに慣れていないのでスグ疲れます。疲労します。そんな筋肉痛です。

日頃からあまり動いていない、カタイ筋肉。カタイ筋肉は脂肪も入って伸縮状態も悪く、毛細血管も少なく、いったん疲れると、その疲れも取れにくい。マイナスのスパイラルで負の連鎖で、筋肉痛が発症します。

本当にひどくなったら、慢性の肩こり、腰痛、膝痛、肘痛と同じようになかなか筋肉の緊張が取れず、常に痛みのある状態になってしまいます。吐き気、頭痛、歩行困難、など日常生活に支障が出てきます。

できれば、本来は腕を意識したスイングより、体幹、カラダの中心を意識したスイングをすることにより、大きな筋肉で動いた方が疲れない、疲れにくい。とうことになります。

普通に両足で歩くことは簡単ですが、逆立ちで両腕で歩くのと比べたら・・・という考え方です。

「そんなんわかってるわ~、あたりまえやん!!」と思っている、この時期に日頃からの養生が大切になってきます。

■ゴルフでの背中の痛み、予防と治療。ならない方法と自分で治す方法。

各筋肉部分のストレッチと軽い筋力トレーニングです。継続はチカラなりです。続けてみましょう!!。
長時間同じ動作を、継続するために、同じ筋肉に集中的に負荷がかかる、また長時間同じ姿勢を維持するために、同じ筋肉が疲労する事で痛みが発症する。コレを防止するために、こまめに50分仕事したらチョットストレッチ。コレが大切です

❒予防法(Ⅰ)ストレッチをする。

ゴルフ 背中 痛み 原因 ストレッチ

上のイラスト左上から右にストレッチの順番です。ゆっくり息を吐きながら30秒程度からやってみて下さい。最初は全部完璧にできなくてもOKです。
できるところから、できる秒数、できる回数やって見ましょう。やってみて気持ちが良ければ続けられます。
「ストレッチやって気持ちがいい」が目標です。頑張らない、適当・・・が最高!!

①両手を頭の上で組んで、背伸びします。ゆっくり息を吐きながら、全身をストレッチします。

②両足を肩幅程度横に開き、両手を頭上に伸ばしたまま体側、息を吐きながらカラダの横側をストレッチ。

③上腕と肩の筋肉をストレッチします。片方の腕を、胸の前に伸ばし、もう一方の腕で下から腕を支えて自分の胸の方向に引き寄せます。

④胸を広げて大胸筋をストレッチします。両腕を伸ばしたまま、後ろで手を組んで両方の肩甲骨を近づけるように肩を後ろに反らせます。

⑤背中を広げて広背筋をストレッチします。両腕を前に伸ばしたまま、両方の肩前に押し出しながら背中をストレッチします。

ゴルフ 背中 痛み 原因 ストレッチ

(⑥番のわかりやすいストレッチイラスト)

(真ん中の列左から)
⑥片方の腕を背中に回し、もう一方の手で息を吐きながら引っ張る、意識するところは斜線のところです。

⑦両足を肩幅に開き、前屈する。足の後ろ側、お尻の筋肉、背中をストレッチします。

⑧上体を90°前に倒し、右手で左足首、左手で右足首を交互に、息を吐きながらタッチし、上体をねじります。

⑨両足を前後に開き、膝を伸ばしたまま、後ろ足に体重をかけて前の足の後ろ部分を意識してストレッチします。

⑪両足を前後に開き、前の足の膝を曲げて後ろ足の膝を伸ばしながら、アキレス腱を意識してストレッチします。

(下の列左から)
⑫両足を前後に開き、前の足の膝を曲げて腰を下ろし、股関節、お尻、後ろ足太腿を意識してストレッチします。

⑬両足を伸ばした姿勢で座り。片方の伸ばした足にもう一方の膝を曲げてクロスさせ、息を吐きながら上体は反対にねじります。反対側も行います。

⑭両手をついてカラダを伸ばしながら、お腹、腰を伸ばします。

⑮正座で座った姿勢から、上体を前に倒し、背中を意識して伸ばします。

全身に効くストレッチですが、
特に背中の痛みには、①②③④⑤⑥⑦がお勧めです。お風呂上がりにじわ~っと伸ばす、最高です。

❒予防法(Ⅱ)簡単な筋力トレーニングをする。

最初は手ぶらでローイングというトレーニングをやって、背中、肩甲骨の内側、広背筋を意識して柔軟性と血行促進を目標にエクササイズしましょう。

ゴルフ 背中 痛み 原因 ストレッチ

❒この画像ではダンベルを持っていますが、最初はダンベルなしで、背中意識して、このスタイルをまねましょう。

①両足を肩幅程度開き、上体を90°前傾して軽くヒザも曲げます。そして手の甲を前に伸ばした状態で両腕を真下に垂らします。
②この姿勢から肘を後ろに引き寄せながら、手のひらを子指側に回転させながら、前に向けます。

③腕、肘を引き上げる時は、肩甲骨の内側、広背筋を意識して手のひらを回転させることにより、よりいっそう胸が開いて、肩が上がり、肩甲骨が内側に寄る感覚がつかめると思います。

両肘一緒に実施する方法と、片方ずつ行うやり方とどちらでもOKです。片方ずつやるときは動かさないほうの手、腕はイスなどで支えて行うと、よりやりやすくなります。いかかでしょうかぁ?

最初はゆっくり肘を上げるだけ、動かす筋肉の感じ、場所が意識できるようになってきたら回数を増やす。左右10回×2セットくらいの運動量がこなせるようになったら、500mlのペットボトルをもってやって見るのもありです。

でも、焦らず、比べず、諦めず。背中の痛みを再発しないために、ストレッチをやってそれで痛みが無くなれば、再発防止のこの簡単な筋力トレーニングをやってみて下さい。

 

■背中の痛みに効果のある、Youtube 動画です。

❒座りながら肩甲骨はがしストレッチ
 仕事中にもできる!肩甲骨の柔軟性向上ストレッチ(Youtube 動画)、チョット長いですが、気長に続けると効果絶大!!

❒体が硬い男性でも出来る、肩甲骨周りを柔らかくする裏技ストレッチ方法
(シェイクヨガ泉栄子先生)(Youtube 動画)チョット画期的な方法です。

■ゴルフで背中の痛みが出ないスイング方法

こんなスイングイメージはいかがでしょうか・・・全体的に体幹を意識して。

グリップは優しく、思いっきり握ったチカラを10としたら、3くらいでグリップする。

右側鎖骨で引き上げるような、バックスイング →体幹を中心に、勝手に腕が上がる

視線は、クラブヘッドの最下点、クラブヘッドがいちばん低く通過するところを見ながら。

④視線は、クラブヘッドのあったところではなく、ボールから自分の方向に3cm程度手前。

⑤左足を、踏み込んでから、右足太腿を左足に付けるように運ぶ勢いで、ダウンスイング。

⑥その勢いで、腕を振ってボールにクラブを当てる、振り抜く。

⑦振り抜く方向は、あくまでも飛球線方向。クラブは勝手にフリ上がるイメージ。

⑧そのまま、右足を左足に付け、左足体重で立ってフォローからフィニッシュ。

ゴルフスイングで上手く打てないと悩む、わたしらに共通しているのがボールを上げようとするスイングです。

地面にあるボールに対して、ボールを飛ばしたいと思う気持ちから、ボールに対してすくい上げるのではなく、飛球線方向にボールを押し込む穴があると思ってその穴にボールを押し込む、打ち込む。そんなイメージです。

こないだ、ゴルフの先輩が自分の前にあるボールに「どかんかえ!!」という気持ちで払い打ちをすると、カラダが左に流れないというイメージを、ワタシのスイングを見て熱く語られていました。いかがでしょうかぁ?使えますか?

ゴルフで腰痛・・のところでも同じイメージを書いています。正しいスイングはカラダを痛めない!!と言うことです。

■ゴルフ背痛を治療できる、専門家にお願いする方法

一般的に、お近くの整形外科、接骨院などで背中の痛み、筋肉痛を緩和する治療をお願いすることになります。

整形外科ではレントゲン検査で骨格とか、各関節に異常が無いかを確認して問題が無ければ、筋肉の損傷、炎症ということでひどい場合は痛み止めの飲み薬と湿布薬が処方されます。

接骨院などでは、各治療家の先生それぞれの特徴ある施術とマッサージ、電気治療、鍼灸治療が行われ、筋肉の柔軟性の回復と鎮痛、痛みを抑える治療が行なわれると言うことになります。いかがでしょうかぁ?

■サプリメントによる背痛、痛みの解消法

❒慢性的な筋肉痛をサプリメントで日常的に解消する。筋肉に効くサプリはアミノ酸です


★見た目は一般的?ですが本物です。いかがでしょうかぁ?

■まず、PGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~

何事も、ほどほどが肝心やり過ぎは禁物、ちゃんとしたやり方が理解できた場合は、徹底的に練習、トレーニングできるがそうで無いうちは、見よう見まねで無理矢理するとこんな事になります。無理・ムダ・ムラのある練習は失敗します。

そんな反省をしながら、でもゴルフは楽しく、明るく、元気よく!やりましょうね。

そんな、こんな言いながらこれからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまでに応援するでぇ~

これからもよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ