ゴルフ!初心者さんの「できる簡単アプローチ」、練習方法。

今回は、私も含めて初心者の皆さんが、簡単にできるアプローチについてのお話です。できるだけ簡単に、シンプルに、悩まずにアプローチを決めたい。ドキドキせずに、さっとアプローチを決めてみたい、そんなお話しです。

スポンサーリンク



どんな基準で、どこを見て、どう決めればアプローチちゅうのは、パシッと決まるのか!・・。

パシッと1発で決めるアプローチ、決め手になるのは何なのか、それが知りたい。

スポンサーリンク



ゴルフ初心者さんの「できる簡単アプローチ」、比較的わかりやすく簡単にできる、ベストなアプローチの方法、やり方、練習方法。コレが絶対うまく行くというのはあるのか、「できる簡単アプローチ」そんなお話です。

ドライバーもそこそこ飛んでそんなに曲がらない、アイアンもたまには失敗するけどそんなとんでもないことは起こらない、なのに終わってみたら、いつもと変わらずダブルボギーの連続。

終わってスコアカードを見たらそこそこ2パットでパターもいけてるやん!、そやけどいつもと変わらずダブルボギーの連続

なんでやねん!と悩む・・今回はわたしのための、「できる簡単アプローチ」の徹底調査になりました。おつきあい下さい。

そこで今回は私も含めて初心者の皆さんが、簡単にできるアプローチについてのお話です。できるだけ簡単に、シンプルに、悩まずにアプローチを決めたい。ドキドキせずに、さっとアプローチを決めてみたい、そんなお話しです。

そして、松山英樹のPGAツアー賞金ランキングは2017年9月25日現在、4位(前週4位)というところです、賞金額はトータル、838万0,570ドル(約9億3,500万円)なっています。

9月25日付けの男子ゴルフ世界ランキングが発表され、米国男子ツアーのプレーオフ最終戦「ツアー選手権byコカ・コーラ」を終えたトップ5に変動はありませんでした。

「ツアー選手権byコカ・コーラ」結果、26位フィニッシュとした松山英樹は、世界3位で2016-17年シーズンの全日程を終えました。お疲れさまでした。

そんな中、世界はもう、世界選抜VS米国選抜対抗戦、ザ・プレジデンツカップ(リバティーナショナルGC・ニュージャージー州)です。

松山英樹率いる世界選抜が、2年に1度米国選抜と行う対抗戦は28日(木)から4日間リバティーナショナルGC・ニュージャージー州で始まります。

両チーム12人ずつが出場の団体戦。今年は米国選抜のホームに世界選抜が乗り込んでいます。まだまだこれからです、応援よろしくお願いいたします。m(_ _)m



今回のこの応援ブログは、私も含めて初心者の皆さんが、簡単にできるアプローチについてのお話です。できるだけ簡単に、シンプルに、悩まずにアプローチを決めたい。ドキドキせずに、さっとアプローチを決めてみたい、そんなお話しです。

ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、簡単にできるアプローチについてのお話ブログにしたいと思っています。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

ゴルフ 初心者 アプローチ 練習(松山秀樹、アプローチショット)

■初心者さんの簡単アプローチ・・ チョットその前に!!

アプローチショットというのは、グリーン周り何ヤードくらいを言いますか?一般的にはコレもいろいろ徹底調査してみると、いろいろありました。

とりあえず自分のクラブで打てるコントロールショット、フルショットの最小距離以下で、距離を調節する必要がある距離をアプローチショットと決めましょう。

サンドウエッジで50ヤード飛ばして、ピン周り1ピン、約半径203cmの円周内にボールが落とせるなら、50ヤード以内がアナタのアプローチの距離になると考えます。

寄せワン (アプローチで1ピンに寄せて、パター1回でカップインすること)ができる距離、それがアプローチショットの距離と考えましょう。

ゴルフ 初心者 アプローチ 練習(1ピンって、約203cmもあるんですよ!)

■初心者さんの簡単アプローチ・・ 基本的な打ち方

チョットお話長くなりましたが、そんなワケで・・今回は!わたしら初心者が悩む、グリーン周り50ヤード以内のアプローチショットの簡単な打ち方。

それはコレだけです。

①簡単アプローチショットで使うクラブは基本、この3本です

●6番アイアン  グリーンエッジから外側2メートル以内にボールがあれば、6番アイアンで転がします。グリーンエッジからグリーン上2mくらいのところにボールを落として、後はピンまで転がす考え方です。

ピンが手前に近ければ、7番、8番と番手を下げて対応します

ちょこっとあげて転がす、転がる距離を考えて番手を選びます。この間はピッチングでちょうどでした・・6番は、実際のところ・・かなり転がります。

●8番アイアン  グリーンエッジから外側5メートル以内にボールがあれば、8番アイアンで転がします。グリーンエッジからグリーン上2mくらいのところにボールを落として、後はピンまで転がす考え方です。

●52度(AW)アプローチウエッジ  グリーンエッジからボールが外側5メートル以上離れていたら、52度(AW)アプローチウエッジで転がします。グリーンエッジからグリーン上2mくらいのところにボールを落として、後はピンまで転がす考え方です。

何より迷わず簡単にアプローチをすると言うのが、わたしら初心者にとっては最大のメリットです。使うクラブはコレで迷わない。初心者さんの「できる簡単アプローチ」です。

それぞれ落とし場所は同じですが、転がる距離が変わって来ます。この辺は経験値ですが・・

ゴルフ 初心者 アプローチ 練習

②簡単アプローチショットの構え方、ポイントは4つです。

●足幅  両足幅は、靴1足から1.5足くらい開けましょう、ふつうのスイングよりはかなりスタンスが狭い感じです。

●体重配分 両足の体重配分は、左足8:右足2くらいで、最初から左足に体重をかけておきます。(左利きの方は逆です)体重移動は無しで、このままボールと打ちます。

●手首の角度を保つ  構えた時、そのままの両手首の角度を保つ。違う言い方をするとコックしないということです。グリップ自体はいつものグリップでOKです。構えた手首の角度はスイング時も最後まで同じようにしましょう。

●ボールとアナタの立っている位置との間隔を決める   ボールを丁寧に打とうとするほど間隔が近くなり、シャンク(本当はシャンクではない)したり、離れ過ぎると振り遅れてトップしたりします。

上に上げた4つの方法は、アプローチのために基本ボールが飛ばない方法です。飛ばさない方法なので、スイングもある程度ゆったり大きく振ることができます。

ただ、ボールとアナタの立っている位置との間隔ですが、コレが適当、毎回変わると失敗します。ボールのない場所で先ほどのアプローチの構えを一度フツーにやってみましょう。

クラブヘッドが自然に地面に着いたところとアナタの立っている位置との間隔をしっかり覚えましょう。初心者さんの「できる簡単アプローチ」です。

ゴルフ 初心者 アプローチ 練習(世界のアオキ、ボールとの間隔です)

❒坂本龍楠プロの「初心者は2つの形のアプローチを覚えれば100切りを狙えます」(YouTube動画)

イメージはこんな感じです。いかがでしょうかぁ・・わかりやすい!!

足の幅は靴1足から1.5足くらいで、スイングは2種類です。グリップ位置で言うと一つ目は腰から腰くらいの高さ、8時~4時の幅でスイングするアプローチです。

二つ目は肩から肩くらいの高さ、10時から2時くらいの幅でスイングするアプローチです。この2種類があれば、初心者さんはOKと言われています。

1つ目のスイングで20ヤード前後、2つ目スイングで30ヤードから40ヤードを打つことができると言われていますが、サンドウエッジを使われていますので、6番、8番を使う場合はもう少しスイングが小さい感じになるのだと思います。いかがでしょうかぁ~。初心者さんの「できる簡単アプローチ」です。

③簡単アプローチショットの打ち方、ポイントは6つ+1です。

●落とし場所を見る  ボールの落とし場所が見えるときは、落とし場所(エッジから2mくらい)を見てイメージする。

●クラブヘッドを少し持ち上げて構える  芝の上にソールせず、ほんの少し持ち上げて構える。

●バックスイングまっすぐ引く  バックスイングの最初30cmくらいは、飛球線後方にまっすぐクラブヘッドを引く。

●スイングの速さ  バックスイング上げるスピードと下ろすスピードを一緒にする。

☆★練習場では上手いのに・・現実、実際、本番はことごとく失敗する理由は、ほぼコレです。

気持ち早くなり、失敗します。失敗しない方法は、クラブ、振り幅、落とし場所を決めたら、落とし場所を見てイメージ通りスイングすることだけです。

ポーンとか、カーンとか、イメージを言葉に、声に出してスイングする練習をしましょう。 ★

●スイングの振り幅  バックスイングとフォローの振り幅を一緒にする。

●おなかで振り回す  両脇を軽く締めて、おなかでクラブを振り回す感じで、クラブヘッドのバウンスを使ってボールの手前から滑らせる、ダフる感じで振り回しましょう。

ゴルフ 初心者 アプローチ 練習

体幹の中心軸で回転するようにクラブヘッドを振るというものの、最初バックスイングは30cmくらい絶対飛球線後方、後ろに引く。一番大事です。

けっこうピン見て打ってませんか?やっぱり落とし場所を見るそうです。

両脇を軽く締めて、おなかでクラブを振り回す感じというものの、バックスイングはインサイドに引くのではなく、30cmくらい絶対飛球線後方、後ろに引く。一番大事です。初心者さんの「できる簡単アプローチ」です。

❒+1です。

目線はどこを見るか??です。ズバリ!!シャフトの延長線上、クラブのネック部分、黒いつなぎ目のあるところ、その延長線上の描く線をイメージして目線をもっていきます。

けっして、クラブヘッドとかリーディングエッジとかを見るのではなく、シャフトの延長線上、黒いつなぎ目部分を見ながらスイングします。

ゴルフ 初心者 アプローチ 練習(上の方に見える黒いところです)

勝手にクラブヘッドがボールに当たります。当たると信じてスイングします。するとグリップのチカラも自然に抜けて上手く振り抜けます。

カツン・・と、いい音がしてイメージ道理の打球が出ます。微妙な距離感は経験値です。目標を見ながら何度か素振り(本気の素振り)をすると、距離感があってきます。

そのまま実際にスイングしましょう!!いかがでしょうかぁ??

④微妙な距離感の変え方、それはアナタの感覚です。

足幅で距離を変えるとか、クラブを持つグリップ位置で距離感を変えるとか、振り幅で距離感を変えるとか、いろいろありますが初心者さんの「できる簡単アプローチ」では、アナタの感覚で感じた距離感でクラブを振ってみましょう

実際ゴルフボールを手で持ってボールの落とし場所までアンダーハンドでほったら、投げたらどんな感じになりますか。どんな腕の振り幅、腕のスピード、速さなどその感覚を大切にしましょう。

次の動画を参考にしてみて下さい。山本誠二プロは手でボールを放り投げる感覚の1メートルが、クラブで打つ10メートルに相当すると言われています。その感覚を大切にしましょう。初心者さんの「できる簡単アプローチ」です。

❒山本誠二プロのアプローチの距離感について(YouTube動画)

■初心者さんの簡単アプローチ・・ 「グリーン周りの転がし」編

❒坂本龍楠プロ「超基本の何もしない、ピッチエンドランでアプローチを寄せる」(YouTube動画)

手首のコックを使わない、バックスイングとフォローの振り幅を一緒にする。ハンドファーストにこだわらず、カラダの回転でボールを打つ感覚。動画を見ていると、バンカー越えのショットにも使えそうな気がします。

クラブはサンドウエッジを使っていますが、コレを8番、6番と距離によって変えていくと初心者さんの「できる簡単アプローチ」になります。いかがでしょうかぁ~。

■初心者さんの簡単アプローチ・・「グリーン奥のラフ・逆目」編

❒【中井学ゴルフレッスン】アプローチ⑨グリーン奥のラフ(YouTube動画)

■初心者さんの簡単アプローチ・・「グリーン奥、左足下がり」編

❒有村智恵プロ直伝「グリーン周り左足下がりからのアプローチ」(YouTube動画)

振りやすい、スイングしやすいボールの位置を探す・・例えば右足よりも外に置くこともありとか??いかがでしょうかぁ~

■初心者さんの簡単アプローチ・・ 「砲台グリーン」編

❒芹沢信雄プロ「砲台グリーン攻略法・アプローチ」(YouTube動画)

アプローチウエッジ52度を、フェースを開いて登り斜面の傾斜なりにクラブを振り上げる方法を説明されています。または、ピッチッグウエッジとか9番アイアンで、1クッション、2クッションを狙ってクラブを振り上げる方法。

究極は、アプローチウエッジ52度のフェースをかぶせて、土手に当てる場所を考えてボールを転がして行く方法も説明されています。わかりやすくて、すごいです。


■初心者さんの簡単アプローチ・・「一発脱出バンカーショット」編

❒坂本龍楠プロ「一発脱出バンカーショットのボール位置とは?」(YouTube動画)

自分がクラブを振って砂に当たりやすい場所にボールがあった方がイイという考え方です。ボールに対して構えるのではなくて、スイングの最下点がどこか?と言うことです。

左足体重で振り抜く場合は、ボールも左足付近においた方が出やすいとか、カラダ回りにくい方はボールが中央にある方が出しやすいとか、バンカーショットのボール位置のお話です。

よく自分のサンドウエッジの飛距離が60ヤードの場合、バンカーからバンカーショット(エクスプロージョン)をやったら、飛距離は1/3の20ヤードが限界と言われます。

だから安心して、フルショットをしなさいと言われますが、初心者のわたしらはそこで、つい大振りをしてしまいます。基本グリップが肩から肩、10時から2時のコントロールショットが基本です。

逆に言うと、実際のピンまでの距離のアプローチより、バンカーからなら3倍の距離を打つつもりでクラブ選択をしなければいけないと言うことにもなります。

ピンからチョット離れたバンカーからは、サンドウエッジではなくピッチングや9番も選択肢に入るかもしれません。いかがでしょうかぁ、初心者さんの「できる簡単アプローチ」です。

ゴルフ 初心者 アプローチ 練習(上田桃子プロアプローチショット)

■初心者さんの「できる簡単アプローチ」、練習方法です

アプローチの練習方法は、とにかく今までにお話しした内容を実際やりながら、試して行くことが練習になります。一定の距離を決めて、その距離が何回もフツーに打てるように何回もやってみます。

①距離は30ヤードを基準にします。

②スタンス、スイングは上記の通りです。

③打ちっぱなし練習場では、一番低い高さでティアップしてボールを打ちます。「カッツ」という感じのトップしたような音が出るような打ち方を目標に練習します。

④6番、8番、アプローチウエッジとそれぞれのボールの飛んでいく感じ、イメージを体感します。

⑤ボールをマットの上でも打って見ます、その際はクラブヘッドを少し持ち上げて打って見ます。マットにソールしないでボールを打ってみます。

⑥山本誠二プロの言う、手でボールを放り投げる感覚の1メートルが、クラブで打つ10メートルに相当すると言われています。その感覚を確かめる練習をします。

打ちっぱなし練習場にもよりますが、どれくらい振るとどれくらい飛ぶとか、30ヤードはどれくらい振ると飛ぶのかとかいろいろ実験して、とにかく経験値を高めて行きます。いかがでしょうかぁ~


■まず、PGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~

わたしらも含めて、初心者さんの「できる簡単アプローチ」と言うことで、いろいろ徹底調査をしてみました。いかがだったでしょうか、普段アプローチをするときって、とにかく1発決めようと思ってしまいます。

ふつうにやればいいと皆さんに言われますが、距離が短いのにフツーとは此いかに、距離感のイメージが浮かばない、経験者よりイメージが浮かぶのに時間がかかる。

経験値が低いので、イメージが浮かぶまでに時間がかかる、練習場ではその時間があるので結構上手くいくが、ゴルフ場でラウンドする場合はそのわずかな時間が足らないような気がします。

この辺が初心者と経験者の違いなんでしょうね、どうしようもないのでしょうか??練習しか、埋める方法はないのでしょうか??

練習の時はしっかり考えて、ラウンドの時はスイングのことはあえて考えず感覚に任せた方がよいのか、そんなことを考えながらもゴルフは楽しく、明るく、元気にやりましょう!!ね。さあ行くぞ松山英樹。

そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。乞うご期待。

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ