ゴルフ!パターの種類と、アナタのパターの選び方!!

今回は、パターの種類と一番ピッタリくるパターの選び方です。パターの種類といえば、ピンタイプとかマレット、L字タイプなど結構いろいろあってどれが一番ピッタリくるのか迷います。

スポンサーリンク



しかもシャフトの付いている位置が端っこだったり、パターヘッドの真ん中だったり、コレもいろいろあってパターの種類、何が何だか迷います。

どのパターがどう良いのか?どのタイプが自分のパッティングに一番良いのか、パターの種類いろいろ徹底調査してみたいと思います。

スポンサーリンク



それに近頃はパターグリップの太さまで、太いの細いのいろいろあって、本当にどれが自分に合っているのか一番良いのか、パターの種類本当に迷います。

そんなパターグリップの太さについては、別の記事で徹底調査していますのであとでご紹介致します。ゴルフってパターの種類のお話だけでもかなり深いものがあります。

実際ラウンドするときはショット全体の40%がパターということですから、なおさらだと思います。

パターも1打、ドライバーショットも1打です。ゴルフは1打でも少ない打数で上がって、終わってナンボのスポーツです、ゲームです。

ふつう1ラウンド、パー72とすると半分の36打がパターだと言われています。

パー3で1オン2パット、パー4で2オン2パット、パー5で3オン2パット、そんなパー3が4回あります。そんなパー4が10回あります。そんなパー5が4回あります。

一般的なお話ですが、18ホールすべて2パットで36パットどっかで1つでも2つでも減らせたら、減らせるところに打てたらと思う今日この頃でございます。

そんなお話がわかればいいのですが・・調べて見ました。パターの種類と、アナタのパターの選び方の徹底調査です、いかがでしょうか?。

そして松山英樹のPGAツアー賞金ランキングは2017年8月14日現在、1位(前週1位)というところです、賞金額はトータル、812万3,407ドル(約8億9,100万円)なっています。

全米プロゴルフ選手権 (クエイルホロークラブ・ノースカロライナ州)最終日、1打差の2位から出た松山英樹は、5バーディ6ボギーの「72」でプレーし、通算5アンダー5位タイでホールアウトしました。

同組のジャスティン・トーマスが通算8アンダーで上がり、日本勢初のメジャー制覇には届かなかった。松山英樹は敗因について「考えます」とだけ述べ、涙をぬぐった。m(_ _)m

毎日毎日、眠い中、たくさんの応援ありがとうございました。そして先ほどウレシイニュースもありました。

松山英樹(25歳)は14日、今年1月に一般女性と結婚していたことを明らかにし、7月に第1子が生まれたと発表しました。

マネジメント事務所を通じ・・

「結婚し、子供が生まれての世界ゴルフ選手権ブリヂストン招待での優勝は嬉しかったです。まだまだ未熟な私たちですが、力を合わせ、目標を達成するために努力してまいります」

とコメントしたそうです。おめでとうございます!!(^^)/

《豊富な品揃え!二木ゴルフオンライン お買得特典満載!!》

今回の応援ブログはパターの種類と一番ピッタリくる、アナタのパターの選び方です。パターの種類とその特徴、メリット、デメリットなど、選び方、使い方の徹底調査です。パターの種類と一番ピッタリくる、アナタのパターの選び方についてのお話です。

ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、そしてゴルフに頑張るアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、そんなパターの種類と一番ピッタリくる、アナタのパターの選び方のお話ブログにしたいと思っています。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

ゴルフ パター 種類(シビレル1打、こだわるパター選びですね!)



■パターの種類と特徴となんやかんや・・

パターも他のクラブも結局は同じですが、打感にこだわったり、感覚フィーリング重視、パッティングのストロークの安定感優先など、他のクラブ以上にこだわるところがたくさんあります。

カップを目の前にした緊張感からか、パターの種類も特になんやかんやといろいろ言われています。

今回はパターの種類をパターヘッドのかたちで区分しています、他にもパターヘッドに付いているシャフトの位置やカタチで種類を分ける方法などいろいろあります。

そのあたりも特にメリットデメリットあれば、後でご紹介します。よろしくお願いいたします。まずはコレです。

(1)ピンタイプ

一般的にオーソドックスなタイプ、種類です。ピンタイプというくらいですから、あの「PING」ピン社が1966年(昭和41年)に発表したモデル「アンサースコッツデール」が原型となっています。

ゴルフ パター 種類

(PING ANSERの文字が・・ピンです)

ピン社の創業者であるカーステン・ソルハイムが、妻のルイーズに「これがあなたのANSWER=答えでしょ」と言われたことからアンサーというモデル名になったとか。(Wはどこへ行ったのか・・)

今やパターの代名詞ともいえる「ピン型」あるいは「ピンタイプ」と言われるのはそういうわけです。

そんなピンタイプの特徴は、ボールに対してストレートなヘッドなので直角に構えやすいというのが一番です。

ゴルフ パター 種類(オフセット構造)

ピンタイプのパターの特徴は、シャフトの延長線よりも後方にボールをセットする「オフセット構造」です。なのでボールを叩いたり、押したりする感覚よりも、”引っ張る”感覚でボールをヒットできます。

イメージ的には、ボールを押すというよりは、取っ手を伸ばしたキャリーバッグを引っ張る感覚です。その感覚で打てば、軌道がアッパー軌道(すくい打ち)にならずに安定してボールをとらえられるそうです。

コレは意外と初めて聞いた感覚です。引っ張る感覚で打つ!いかがでしょうかぁ??

【良いところそうでもないところ】

●ピン型はパターフェイスが面長なので目標にセットしやすい

●重心深度が比較的浅いので、操作性が良いタッチ、距離感を出しやすい

●重心深度が比較的浅いので、ボールの転がりを自分でコントロールしなければいけない

●重心距離が長いので慣性モーメントが大きい、なのでフェイスがぶれにくい

ゴルフ パター 種類

●トゥヒールバランス(ノン・フェイスバランス)なので、まっすぐ引いてまっすぐ打つタイプでは無い。

ゴルフ パター 種類

(カーブを描くパッティングイメージになります)

●トゥヒールバランス(ノン・フェイスバランス)なので、スイートエリアが広くミスに強いとも言われています。

ゴルフ パター 種類


(2)マレットタイプ

マレット(mallet)タイプというのは直訳すると「木槌」と出てきます。ピンタイプのパターよりもヘッドが大きく木槌のように大きい意味で言われたのかもしれません。他ではかまぼこ形パターとも言われたようです。

ゴルフ パター 種類(マレットタイプ、かまぼこ・・確かに)

ピンタイプよりもヘッドが大きく重量があるので、振り子のようにまっすぐ引きやすく打ちやすいと言われています。ヘッドの重さに任せてオートマチックに距離感も合わせて打ちやすいと言われています。

【良いところそうでもないところ】

●パターの重心位置がパターの後方にあるため重心深度が深く、直線的なイメージでパッティングしやすい

ゴルフ パター 種類(左が重心深度の深い、マレットタイプ)

●重心深度が深いことで、パターヘッドが左右にぶれにくく、直線的なイメージでパッティングしやすい。

●重心深度が深いことで、ヘッドの重さが自然にボールを押し出すイメージでパッティングしやすい。

反対にヘッドをカーブさせるパッティングイメージの皆さんには不向きです。ピンタイプ選びましょう。

●タッチ、距離感がピンタイプに比べて出しにくい?という皆さんもおられます。

 

(3)ネオマレット

ネオ (Neo) は、ギリシア語で「新しい」を意味する言葉だそうです。なのでネオマレットとは新しいマレットと言うことになります。

ゴルフ パター 種類  (いろいろおもしろいカタチがあります)

従来のマレットタイプのパターよりもヘッドが大きいイメージです

ヘッドが四角に近いほど大きく、打ち出す方向がわかりやすいようなマーク、目印が付けられています。いろいろおもしろいカタチのものがあります。

マレットタイプよりも一般的に重く、オートマチックに距離感も合わせて打ちやすいと言われています。ピンタイプと比べればオートマチック過ぎて、感覚的なタッチが出せないという評価もあります。

【良いところそうでもないところ】

●ヘッドが大きく方向性が出しやすいので、安定したパッティングがやりやすい

●ヘッドがマレットタイプよりも重いので、まっすぐストロークしやすい

●重心距離もマレットタイプよりも深いので、まっすぐストロークしやすい

ゴルフ パター 種類(まっすぐストレートなストローク)

●ヘッドのカタチがスクエアに近いため方向性が出しやすい、構えやすい

●ヘッドが大きく方向性が出しやすいので、慣性モーメントが大きくミスに強い

ヘッドが大きすぎて重い、カタチに違和感があると言われる皆さんもおられます。

 

(4)L字タイプ

ヘッドとシャフトが横から見るとL字型になっているパターを言います。

まっすぐ引いてまっすぐ打つというオートマチックな打ち方では無くて、フツーにアイアンを打つようなイメージでパッティングをするタイプです

ゴルフ パター 種類

上級者というか、プロゴルファーがよく使ってるのを見ますがどうでしょう?プロでも誰とは言いませんが、わざわざムツカシイパターを使って失敗しているようではどうしようもありません。

このL字型タイプは、パターの初期の形状と言われています。現在でも1963年(昭和38年)に発売された「wilson8802」は人気で、復刻モデルが一時期10万円前後の価格が付いたことがありました。そんなお話もあります。

❒ウイルソン8802(楽天市場)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウィルソン パター 8802 34インチ WILSON
価格:16200円(税込、送料無料) (2017/7/25時点)

 

【良いところそうでもないところ】

自分の感性で打ちやすい。

●L字型パターはパターフェイスが面長なので目標にセットしやすい

●重心深度が浅いので、操作性が良いタッチ、距離感を出しやすい

●重心深度が浅いので、ボールの転がりを自分でコントロールしなければいけない

ゴルフ パター 種類(いいとこ取り、L字マレットパターもあります)

●ピンタイプのようにヘッドの重量バランスが取れていないので、スイートスポットが狭い

●ヘッドの重量バランスが取れていないので、フェースが開きやすい

いかがでしょうかぁ??いろいろありますパター選び。初心者のわたしらにはフェイスバランスタイプのネオマレットタイプが良いと、わたしらは思います。

直線的にヘッドの重さで距離感、タッチも思ったよりも出しやすいです。ただ1点ショートパットで手で打ちに行くと「芯」「スイートスポット」を外しやすく失敗する事があります。

軽く握ってカラダ、上半身でストロークしましょう。

もう一点のデメリットはパターカバーが信じられないくらいデカイです。(笑)

❒わたしらのパターです。( 余計なお話でした(>_<) )

ゴルフ パター 種類

ゴルフ パター 種類

(弁当箱?パターカバーです。)

❒グルコサミンより・・プロテオグリカン!!

■そんな!?・・アナタのパターの選び方

そんな!?・・アナタのパターの選び方ですが、アナタにとってどんな種類のパターが一番ピッタリくるパターなのか、一般的なお話は、ゴルフショップに行って試打してみて一番しっくりくるパターが一番です。

そんなこと言ってしまったら元も子もありませんね。そんな中、一番オススメは・・

(1)構えやすいパターを選ぶ・・です。

32インチ・33インチ・34インチなどゴルフショップに行けば同じモデルのパターでもシャフトの長さがいろいろ選べます。

一般的には34インチがいいと言われますが、あくまでもコレはアメリカ人の標準サイズだと言われています。実際試打してみた方が無難です。意外と33インチ短いと思われがちですがしっかりストロークできます

ゴルフ パター 種類(センターシャフトタイプです)

シャフトの付き方も先ほどあった「オフセットタイプ」やセンターシャフトのタイプなどいろいろあります。

センターシャフトはフツーに構えた時にパターフェイスとシャフトが平行になって、より目線からシャフトが消えるためボールに対して構えやすい構造になっています。

気持ちよくフツーに自然に構えて左側にストロークする場合、両目の真下から少し左にボールの位置が来るような長さのパターを選びます。

(2)パターの重さを選ぶ・・です。

ヘッドの大きい重いパターやピンタイプの比較的軽いパターなど、パターの重さについても千差万別いろいろあります。

まっすぐ自然にストロークしたいと考えて重いパターを選ぶ方もおられれば、パッティングの感覚を大切にしたいと考えて軽いパターを使っている方もおられます。

コレもゴルフショップでいろいろ試打してみるのが一番良いと思います。

あえて言うなら「重い」パターの方がパッティングストロークが安定するように思います。

(3)実際試打してみて選ぶ・・です。

実際試打してみて何を見るか?

●自分の思った方向にボールが転がって行くか?

●自分の思った速さでボールが転がって行くか?

何回も試打してみて、一番自分のイメージに近い1本を見つけましょう。あえてパッティングの方法などのお話はしていません。

パターのグリップ(持ち方)の方法とか、ストロークの注意点とかまったく考えず、フツーに自分の感覚でパッティングをした場合のお話です。

実際試打してみて、自分の思った方向に自分の思った速さでボールが転がって行くとしたらこれ以上最高な事はありません。

コレはと思うパターで最低10球は試打してみて、一番自分のイメージに近い1本を見つけましょう。それでもなかなか自分の1本が決められないアナタはコレです。

ゴルフ パター 種類(ピンタイプからマレットまで・・迷う!)

■パッティングに迷うアナタに・・一番オススメなパター

パッティングに迷うアナタに一番オススメなパターは・・

(1)フェイスバランスタイプのパター

フェイスバランスのパターというのは、パターのシャフトの支点でバランスをとった時にフェース面が水平に上を向く種類、タイプのパターです。

下の画像では右側がフェイスバランスのパターです。シャフトの延長線上に重心があるため、ストロークが安定してなめらかにタイミング良く打てるので距離感、タッチが合わせやすくなります。

ゴルフ パター 種類(右側がフェイスバランスのパターです)

ゴルフ パター 種類

 

(2)パターヘッドの大きな、比較的重いパター

ゴルフ パター 種類

パターヘッドの大きなネオマレット型パター、その中でも 試打比べしてみて重いパターです。一般的なパターの重さは500g~530gぐらいです。

 

3)両目の真下から、少し左にボールが来るような長さのパター

ゴルフ パター 種類(両目の真下にパターヘッド・・です。)

 

ゴルフ パター 種類(真下よりも、少し左にボールが構えられるパターです)

❒結局・・お得です。練習場シングル・・?、なんて言われてませんかぁ??

■世界一簡単な、パッテイングの考え方と打ち方

❒実際のパッティングでは、傾斜の読み方、傾斜に対する打ち方、タッチの合わせ方、ショートパットの打ち方など実際のパッティングのストロークについてもなんやかんやいろいろなセオリーが言われています。

そんななか、ゴチャゴチャ言わず世界一簡単なパッテイングの考え方と打ち方は無いものかといろいろ徹底調査 して見ますとありました。

松山英樹のパターの長さ、グリップ方法と、初心者もできるパッティング徹底調査です。」この記事の後半に初心者でもできる簡単なパッティングの方法をまとめました。いかがでしょうかぁ??

❒いろいろなパッテイングのミスをリカバリーするパターの選び方というのもあります。

例えば、引っかけ・プッシュアウト・ショート・オーバーなどのパターでよくあるミスや、とにかく方向が定まらないなど、そんなミスが多い皆さんのためにこんな記事もあります

ゴルフ!パターグリップの太さについて、ちょっとこだわってみました!!」、一度ご確認下さい。

パターグリップの太さをいろいろ変えることでパターのよくあるミスを解消する方法です。いかがでしょうかぁ??

❒自宅でパター練習するときの上手くなるパター練習の方法とか、パターマットのお話などです。正直わかっているはずの、自宅パター練習の目的と目標です。

ゴルフ!パター練習が自宅で上手くなる!!マットの事なんやかんや!」、パターの自宅練習をするときの当たり前のポイントを再確認できます。忘れてませんか??

❒こんな方法もあります。イボミプロのパッティングの方法です。やっぱり賞金女王は違います。実際の練習グリーンでの動画も2本入ってます。パターの練習方法がわかります。

イ・ボミプロのパターとグリップの方法について、徹底調査しました。」この記事の後半にイ・ボミプロのパター練習方法の動画が2本あります。参考にいかがでしょうかぁ??

❒松山英樹の最新パター・・気になりますかぁ??そんなお話は、「松山英樹の最新クラブセッティング、2017です。(08/07現在)」でご確認下さい。

全米オープン2107で松山英樹が使っていたパターです。HIDEKIの名前が刻印されています。マレットタイプなのですが、以前まで使っていたスコティキャメロン同様かなり、トゥヒールバランス(トゥ=パター先っぽ)でパターの先っぽが下がるタイプだそうです。

真ん中がミューレンです。左側のピンタイプと同様にトゥヒールバランスになっています。

ゴルフ パター 種類

(ALBA ギアコラムより引用しました。m(_ _)m)

ただ、松山英樹のプロトタイプは、幾分その下がり方が少ないように調整されているそうです。そうすることによってキャメロンよりもフェイスの開閉が少ないままでしっかり狙ったラインに出しやすくなっているようです。いかがでしょうかぁ??

ゴルフ パター 種類(テーラーメイドのマレット型パター・ミューレン)

【ゴルフレッスン】上田桃子直伝 パター練習法 目からウロコです!(YouTube動画)

ショートパットに役立つ練習方法です。ウチでもやれます。(^^)/

❒パターを制す者は、ゴルフを制す・桑田  泉プロ(YouTube動画)

なかなか難しいお話ですが、じっくり聞くといろんなヒントが見えてきます。

❒東京専用ですが・・大好評です。

■まず、PGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~

いかがでしょうかぁ??今回は、パターの種類と一番ピッタリくるパターの選び方についていろいろ徹底調査して見ました。

いつも思うのですが、実際ラウンドしながら自分のパッティングに集中しようと思ったら、たとえパターが中古パターであっても一応自分が納得していないと、コレが今は自分に1番合っていると確信していないと、やってられないと思います

パターへの信頼、それがあってのパッティングの話です。

気持ちのいい1打、ナイスパッティングをするために、気持ち良く振ったら普通にカップインする。そんなアナタに一番ピッタリくるパターを探しましょう、見つけましょう。

一瞬のスイングの世界にいろいろゴチャゴチャ考えない、実際考えられない。そんな納得のできるパターを選ぶための、決めるための参考にしていただければありがたいです。

そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。乞うご期待。

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ