ゴルフ!バックスイングで右脇開く??、ホントのお話は・・コレです!

今回は、ゴルフスイングのバックスイングでのお話です。ドライバーでもアイアンでも、バックスイングの時に右脇は開くのか、締まるのかなんて、なんとマニアックな!と思ったあなた、それがなにか、どういうことなのか、どんなスゴイことになるのか?そんなお話です。

スポンサーリンク



ドライバーのスイング軌道のお話のときもそんなこと言ってましたよね。右脇を開くのか、締めるのか。脇は締めるけど肘はカラダに付けないとか、脇を締めるというのは肘もカラダに付けることなのか。

スポンサーリンク



バックスイングでのお話と先ほど書きましたが、一瞬トップで切り返し止まった時はすでにどうなのか、右脇は開いているのか、閉じているのか。ダウンスイングの時はどうするのか、考え出すときりが無い。

ゴルフのドライバーでもアイアンでも、バックスイングの時に右脇は開くのか、締まるのか。右肘はどうするのか、世間ではいろんなお話がされています。そらまあいろんな事が言われています。

今回は、ゴルフスイングのバックスイングでのお話です。ドライバーでもアイアンでも、バックスイングの時に右脇は開くのか、締まるのかそんなのお話で、そんなスイングから打ち出す打球の方向が、どんなことになるのか、いろいろな理由、原因、考え方などをいろいろ徹底調査してみました。バックスイングの時に右脇は開くのか?。

フツーはあんまりバックスイングの時に右脇は開くのか、締まるのかって、特に初心者の時は、どうのこうの言いませんよね?初心者の時はそんなことに気を向けることも無く、思いもせず考えもしませんでした。

一般的には、初心者の頃はどうでしょう?グリップ、スタンス、バックスイング、インパクト、フォロースルーなどと部分部分の説明に終始して、結局、結構全体像のスイングイメージがわからないままクラブ振ってます。

チョットスイングができるようになってくると、ボールにクラブヘッドが当たるようになってくると、いきなりスライスやフックな打球が出始めて、結局はグリップ、スタンス、バックスイング、インパクト、フォロースルーなどの話で原因解決されます。

実は調子の良いときは良いんです。何も心配せずにクラブ振ったら、スイングしたら打球は思ったところに飛んで行く。ところがちょっとしたことから、もう少し飛距離が欲しいもっと飛ばしたいなど、ちょっと欲が出始めると悩みます。

細かいスイングの一部始終が知りたくなってきます。知識は大事ですが、知りすぎて混乱しないように整理しながら理解しましょう、バックスイングの時に右脇は開くのか、締まるのかそんなお話です。

そして松山英樹のPGAツアー賞金ランキングは2017年6月19日現在、2位(前週2位)というところです、賞金額はトータル、594万5,990ドル(約6億6,000万円)なっています。

6月18日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表されました。

海外メジャー第2戦「全米オープン」で2位タイに入った松山英樹が、見事ランク2位に浮上しました。

前週の4位から50ポイントを加算し、平均ポイントを「8.1036」としました。

今回予選落ちしたロリー・マキロイ(北アイルランド)、ジェイソン・デイ(オーストラリア)を抜いて、日本人最高の3位を新たに更新しました。おめでとうございます!!

次回は、07/13-07/16 アイルランドオープン(ポートスチュワートGC・北アイルランド)欧州ツアー出場まで??20日以上も空くのでしょうかぁ??これからも応援よろしくお願いいたします。m(_ _)m

この応援ブログでは、ドライバーでもアイアンでも、バックスイングの時に右脇は開くのか、締まるのかのお話をしながら、バックスイングの右脇の動きを意識することで、なんやかんや一般的な影響とか、その効果をうまく活かす方法など、徹底調査してみました。

ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、ゴルフビシバシのアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、ゴルフのバックスイングの時に右脇は開くのか、締まるのかのお話ブログにしたいと思っています。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

ゴルフ スイング 右脇 開く(手首曲がる と肘・脇離れる← → 手首まっすぐ、肘真下)
フライングエルボー(左)

■そもそもなぜ、バックスイングの右脇の話がレッスンなどでよく出るのか?

いろいろ徹底調査してみると、こんなお話がありました。

世間で、いろいろなゴルフ雑誌やレッスンプロと言われる方々などが日頃よく言われている、「右脇を締めたスイング」これはなんと、レッスンプロやスイングしているヒトを見ている第三者が、いい形のスイングというものを見極め確認する一つのポイントに過ぎない、と言うことらしいです。

例えば、プロゴルファーがスイングをして打球を打つ、打った球がしっかりよく飛ぶ、「コレがお手本の素晴らしいスイングですよ」と言うことになる。するとその画像、動画を分析して、見た目の形、どうのこうのと判断する。

するとどうでしょう、右脇がしっかり締まってますやん!!「右脇が締まっているスイング」が、動画、画像で確認できるので、「右脇を締めたスイング」が失敗しない、上手く打球を飛ばすためのスイングの手段としての説明の一部になってしまいます。

明らかにワカル悪いスイング、見た目「右脇が開いている」に対応して、「右脇を締める」という言葉が使われる。言葉は恐ろしいです。その言葉を聞いたイメージで、次のヒトが脇を締めた「肘がカラダに付いた」スタイルをする。

脇しまってるね!!ええやん!けど・・クラブ振られへん?ボール飛ばへん!こんな話が、ぎょうさんあります。ゴルフ勘違い。

ゴルフ スイング 右脇 開く

(上→フライングエルボー、下→正しいトップ)

もう一つの考え方は、フライングエルボーって聞いたことありませんか?。右脇が空いて右肘が開いたトップの形です。腕だけでバックスイングする、通称「手打ち」の皆さんはこの形になりやすいらしいです。

右肘が本来あるべきところよりもかなり高い位置にあって、見た目にも右脇が開く、そんなフライングエルボー。一旦この形でバックスイングのトップを作るクセができてしまうと、スイング軌道とか体幹を使ったスイングとかそんな話にまったくなりません。

ボールも飛ばない、クラブもボールに当たらない、極端な話ゴルフではなくなってしまいます。フライングエルボーの原因と修正方法についてはまたの機会にお話したいと思います。

要はこの形、このトップを見たレッスンプロ、第三者、もしかしたらアナタのお友達がそこで言います。

「右脇もっと締めなあかんで・・」、見た目のお話です。

体幹スイングとか、右肩を回すとか、手首を曲げないとか、そんな話は優先順位としてあとになってしまい。あくまでも目の前の見た目の話になります。

「右脇もっと締めなあかんで・・」「右脇あいてるんちゃう?」、フライングエルボーは確かにマズイのですが、どう右脇を締めるのか、締めると言ってもどんな感じで締めるのか。

右肘をどの位置に持ってくるのか、手首をどうするのか、そうするためにはどこにチカラを使うのか、左腕はそのときどうするのか、グリップは、そんな話はなかなか出ません。あくまで見た目のお話

そんな右脇のお話、徹底調査すると実は、開くというレッスン締めるというレッスンと2通りあります。

コレは脇と肘を区別せずに、脇を締める=肘をカラダに付けると勘違いした結果、脇は締めてはいけないと説明されていました。

要は、脇は軽く締めるけれど、肘はカラダにつかないと言うことです。コレならわかります。そんなこんながなんやかんや、いろいろあります・・いかがでしょうかぁ??バックスイングで右脇開く??、ホントのお話は・・コレです!

ゴルフ スイング 右脇 開く(①正面から見たトップの見え方・松山秀樹)

ゴルフ スイング 右脇 開く(②同じ形を後方から見た、肘と脇・松山秀樹)

①と②見比べてどうでしょう、右の脇これは当然開いていない、閉じている状態。肘は脇腹に付けない。肘の先が地面を指す。左腕はまっすぐ肩の高さ、上半身が前傾しているのでグリップは右肩よりも高い位置になります。



■バックスイング特にトップでの右脇について、ホントのところ・・

自分でバックスイングしたときに、自然に意識できるところと言うことでまとめて見ました。いかがでしょうかぁ??バックスイングの時に右脇は開くのか?。

右脇は、腕との付け根は軽く締める

●チカラ加減がわからない場合は、脇に挟んだタオルが落ちない程度でやって見る。

右肘は、カラダには付けない。脇腹に付けない。

●右肘がカラダに付かない程度に、右脇を開ける。

●右肘先が、地面の方を向いている感じ。

☆左腕、肘を延ばすことを意識しながら、体幹の軸、背骨で回転するイメージでバックスイングして行くと、自然に右肘がたたまれて、左手のグリップが右肩の高さまで来たらトップ、バックスイング完了。

クラブのシャフトを左手の親指で支えている感じです。そんなイメージはいかがでしょうかぁ??右脇はまったく意識していません。

ゴルフ スイング 右脇 開く(右肘先が地面を指す、肘は離れているけどOK)

❒ここでちょっと別な疑問

トップのグリップに位置が高い、よくあるプロゴルファーのトップを見るとトップのグリップ、手の位置が高い。なんか右脇も空いてるんちゃうん??おもいません。

トップの状態で右肘先が真下を向いていれば、右脇が空いていてもトップが高くても問題はありません。右肘先が真下を向いている、コレが重要ポイントです

手首は?左腕はと話は広がりそうですがこのつづきは・・

「ゴルフ!初心者のスイングで、手首の重要性とは?」、この記事でしっかりお話しています。よろしくお願いいたします。

ゴルフ スイング 右脇 開く(コレでも右肘先が地面を指す、肘は離れているけどOK)

右肘が外側を向くトップは「フライングエルボー」と言われ、右肘が本来あるべきところよりもかなり高い位置になります。

見た目にも右脇が開く、そんなフライングエルボー。何度も言いますが、ボールも飛ばない、クラブもボールに当たらない、極端な話ゴルフではなくなってしまいます。

ゴルフ スイング 右脇 開く(まさに切り返し・・わかりにくい!!)

■バックスイング特に切り返しでの右脇について、ホントのところ・・

自分でバックスイングしたときに、自然に意識できるところと言うことでまとめて見ました。いかがでしょうかぁ??バックスイングの時に右脇は開くのか?。

●右脇は、腕との付け根は軽く締める。

●チカラ加減がわからない場合は、脇に挟んだタオルが落ちない程度でやって見る。

●右肘は、カラダには付けない。脇腹に付けない。

右肘がカラダに付かない程度に、右脇を開ける

●右肘先が、地面の方を向いている感じ。

☆★気がつきましたか、「トップでの右脇について」のお話とまったく一緒です。切り返しまでは右脇の意識としてはまったく同じイメージです。強いて言うなら少し左手のグリップに、アドレスしたときよりはチカラが入った感じがあります。

下半身から先に動かす切り返しでは、いろんなイメージがありますが、例えば。

①トップで右足に乗っていた体重を、腰の回転に合わせて左足に移すような下半身の体重移動イメージ

②左足の踵を踏み込みながら、左腰を後ろ側、お尻側に引くような腰の回転に合わせて、左足に下半身の体重移動イメージ

など、どちらにしても上半身の胸は回転する体幹軸を頭の上から見ると、右斜め45度に向けたまま、下半身を先に動かすように意識すると、右脇を意識せずに自然に右脇の締まったスイングが可能になります

下半身を先に動かす・・そのエンジンは左のお尻?、左のお尻を後ろに引くパワーがわかると、下半身を動かしながら上体、上半身、トップにあるグリップを引っ張ってくる感じができるようになってきます。

最初はなかなかボールにヘッドが当たらないので、「やっぱり使えない」と諦めないで、左踵を踏み込みながらタイミングを取ったり、トップの位置でグリップを止めて左尻から動いてダウンスイングする練習をやって見ます。

練習用具でよくある軽いスティックをもってスイングしたり、タオルの素振りで左尻だけに意識集中してスイング、素振りをしたりしてやって見て下さい。

日頃ドライバーを振ると左の肘が抜けたりする癖のあるわたしらと同じような皆様、思いっきり最後までフルスイングができるようになります。

あまりに楽しくて振りすぎると左の脇腹が筋肉痛になります。(笑)

 

何度も言いますが右脇というよりは、左脇を意識して締めている感じです。両方意識すると右脇が密着しすぎて、上半身の動きが小さくなってスイング自体が小さくなります。

ゴルフ スイング 右脇 開く(ダウンスイングでの右肘・右脇の感じ・わかりますか??)

■ダウンスイングでの右脇について、ホントのところ・・

自分でダウンスイングするときに、自然に意識できるところと言うことでまとめて見ました。いかがでしょうかぁ??バックスイングの時に右脇は開くのか?。

右肘と脇腹が軽く触れる程度

切り返しの時よりは右肘と脇腹の間隔が狭くなった感じです。

●腕の付け根、右脇の部分はしっかり締めましょう。

●右肘はまだ曲がった状態ですが、脇腹には付けずダウンスイングが続きます。

ゴルフ スイング 右脇 開く(ハーフウエイバックの状態)

ゴルフ スイング 右脇 開く(バックスイングの正面ハーフウエイバック・松山秀樹)

ゴルフ スイング 右脇 開く(ダウンスイングの正面ハーフウエイバック・松山秀樹)

ダウンスイングの途中に、ハーフウエイバックの状態を作る、意識する、通るようにする。

●右脇が密着しすぎる、締めすぎると上半身の動きが小さくなってスイング自体が小さくなります。

●右脇が密着しすぎる、締めすぎると体幹の回転運動がスムースにできなくなって、打球が飛ばなくなります。

逆に、右脇が開き過ぎると、右腕が早くから伸びているので、振り遅れになってカラダの回転に腕が付いてこなくて、ダフリ、引っかけなどのミスショットになります。フライングエルボーの感じに近いのがこのスイングです。

☆★☆左脇を意識して締めている感じです。左脇を締める感じを維持しながら、背骨、体幹軸を意識して、お腹、腹筋にチカラを入れて、お腹を引っ込めるような感じでインパクトに向けて、カラダを回転して行きます

と言うわけで、右脇をあえて締めることは意識していませんが、自然に右脇の締まったダウンスイングをするために、先ほども同じお話をしています。

上半身の胸は回転する体幹軸を頭の上から見ると、右斜め45度に向けたまま、下半身を先に動かすように意識すると、右脇を意識せずに自然に右脇の締まったスイングが可能になります。

よく世間で言われるのは、おへそとかベルトのバックルを45度の方向に向けるという感じです。その状態からスイングを続けていくとちょうどインパクトの時点で胸が正面、ボールの方向を向いた状態になります。

何度も言いますが右脇というよりは、左脇を意識して締めている感じです。

上腕二頭筋、よく言われている「二の腕」側を胸の上、大胸筋の上にのせるように脇を締めることです。けっして、脇腹に肘を付けるような脇の閉め方ではありません。いかがでしょうかぁ??

❒松山秀樹プロのスイング分析、ドライバー(YouTube動画)

ダウンスイングの最初、下半身の動きとか、ベルトのバックルを右45度の方向に向けるという感じを見て下さい。スローモーションもあります。

■正しい右脇の感じがワカル練習方法はコレだ!

❒【ゴルフ】初心者必見!!実は右脇を締めてはいけない、吉本巧プロ(YouTube動画)

右脇をダウンスイングの中で締めるように意識するのではなくて、左肩を支点として移動させる回転運動でスイングするイメージのお話です。右脇は意識せずに締まるそんなイメージです。

❒肘は閉めずに脇は閉める。右腕、右肘の使い方でシンプルスイング、坂本龍楠プロ(YouTube動画)

実際ヘッドカバーを脇に挟んでする、右脇を締めた練習はスイングが小さくなるというお話です。

❒クラブをトップで正しくしならせるには右肘の位置が大切です、坂本龍楠プロ(YouTube動画)

意識しない右肘の位置が、実はクラブをしならせて飛距離を出すためのパワーになっているというお話です。

❒脇を締めるのと肘をくっつけるのは区別してスイングしましょう、坂本龍楠プロ(YouTube動画)

そのまんまですが、脇を締めると言うことを、肘をくっつけると言うことと勘違いしているというお話です。

■まず、PGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~

ゴルフで、ドライバーでもアイアンでも、バックスイングの時に右脇は開くのか、締まるのかのお話、そのなんやかんや、その効果の活かし方などについてのお話しをしてきましたが、いかがでしょうかぁ??

ドライバーでもアイアンでも、スイングする自分の全体像を見ているもう一人の自分がいて、後ろから、前から、上から、飛球線後方から確認できたら、そしてアドバイスできたら、ええ感じでスイングできるようになるんでしょうね。

自分のスイングの全体像のイメージができるような、そんな体験、トレーニングをして、ラウンドの時にそのイメージが持てたら、さぞかしうまくラウンドできると思うのですが、いかがでしょうかぁ~。


さあ行くぞ!松山英樹。何とか全米プロゴルフ選手権で見事4位タイです。おめでとうございます!!

応援・応援・応援!、焦らず・比べず・諦めず、そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。乞うご期待

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ