ゴルフスイングって・・いつも右手が上!!、って知ってますよね!!

今回は、ゴルフスイングっていつも右手が上!!、って知ってますよね!!です。知ってますよね!!そんなことないやろ・・。そんなお言葉もチラホラ聞こえそうな雰囲気をササッと打ち消せるように、今回も徹底調査したいと思います。

スポンサーリンク



ゴルフスイングっていつも右手が上??なんのことやねん??というお話です。それにどんな意味があるねん??そこが問題なんですね。

とにかくなんやかんや、ゴルフのスイング解説(スイング解説だけではない)は一般的に難し過ぎて解説が解説になっていないことが多々あります。

スポンサーリンク



解説される皆さんが、せっかく解説しようともっと解りやすく説明しようと努力して、考えて、解説説明するのですが、ゴルフのスイングひとつとっても、見方、眺める方向が違えば当然説明は変わってくる訳でこれだけはどうしようもありません。

万人に解る、世間のすべての皆様に理解していただける解説、説明なんて不可能に近いのでしょうかね。いかがでしょうかぁ??

まあ、そうは言うものの最低限ちょっとゴルフを始めた皆様、もしくはこのブログを読もう、見てやろう、と思って下さる皆様にはなんとか理解して頂けるよう頑張ってみます。よろしくお願いいたします。

ゴルフスイングっていつも右手が上!何のことやねん・・のお話です。

そして松山英樹のPGAツアー賞金ランキングは2017年6月19日現在、2位(前週2位)というところです、賞金額はトータル、594万5,990ドル(約6億6,000万円)なっています。

6月18日付の男子ゴルフ世界ランキングが発表されました。

海外メジャー第2戦「全米オープン」で2位タイに入った松山英樹が、見事ランク2位に浮上しました。

前週の4位から50ポイントを加算し、平均ポイントを「8.1036」としました。

今回予選落ちしたロリー・マキロイ(北アイルランド)、ジェイソン・デイ(オーストラリア)を抜いて、日本人最高の3位を新たに更新しました。おめでとうございます!!

次回は、07/13-07/16 アイルランドオープン(ポートスチュワートGC・北アイルランド)欧州ツアー出場まで??20日以上も空くのでしょうかぁ??これからも応援よろしくお願いいたします。m(_ _)m

今回の応援ブログは、ゴルフスイングっていつも右手が上!!についてのお話です。その意味、そうしなければいけない理由、そうするための動きのコツ!徹底調査です。できるだけ初心者のわたしらでもわかる、理解できるレベルのお話を徹底調査してみたいと思います。

ゴルフをしないアナタにも、ゴルフ初心者のアナタにも、ゴルフバリバリのアナタにも、な~んかチョットだれかに話したくなるような、ゴルフスイングっていつも右手が上!!についてのお話ブログにしたいと思っています。

ゴルフも、ブログも、まだまだ初心者の私、山田といいます。よろしくお願いいたします。

ゴルフ スイング 右手 上(右手が上!意識すると・・)


■ゴルフスイングっていつも右手が上!!どういうことなのか?

ゴルフスイングっていつも右手が上!どういうことなのか?結構ネットで検索すると出ます出ますいろいろな解説、説明があります。

結論的には、アドレスした時のグリップのカタチ、状態を確認してバックスイングを右側に上げる皆さんは、左手に対して右手が上にあると言うことです。

左手の親指の上に右手の親指の腹(膨らんだところ)が覆い被さっているのでそういう表現になっています。

ゴルフ スイング 右手 上(右手が上・・のカタチです)

シャフトを握ってる両手のイメージからすると地面から考えて何となく左手が自分の手前にあるので左手が上、右手が地面に近いので下?、地球の重力の関係からすると左手が上右手が下という表現が正しいと思いますが、ゴルフでは違います。

左手に対して右手が上から被さっているので右手が上!という事になります。いかがでしょうかぁ??

この辺りもゴルフ独特な真逆なところかも知れません。何に対して・・というところの説明が結構抜けるので、初心者のわたしらがそれだけ聴くとなんのこっちゃ?と言うことになります。

ゴルフ スイング 右手 上

(こんな感じですが!右手が上・・)

アドレスを決めた位置、上の画像では6時の位置が基本です。何度も言いますが、左手に対して右手が上から被さっているので右手が上!という事になります。

なので、そこからバックスイングからトップまでのスイングの流れでは、どの位置にあっても当然右手が上になります。

ゴルフ スイング 右手 上(ハーフウエイバックの位置でも、右手が上!)

特に9時の位置以降トップスイングまでは、両手の関係ではなく地面との関係、重力の関係でも右手が上のイメージが維持されます。

トップの位置がこれ以上を過ぎると左手に対して右のグリップが下?なんていう位置までもバックスイングをすると、よく言われるオーバースイングと言うことで、いろいろあとでややこしい事になります。

ゴルフ スイング 右手 上(トップからダウンスイング、右手が上!解りますか?)

トップスイングからのダウンスイングにおいても、左手に対して右手が上から被さっている基本グリップは変わらないので、そのまま右手が上が維持されます。

ダウンスイングでの特に8時の位置から4時の位置での左手と右手の関係が画像で見ると微妙なので、何となく右手が下と言いたくなるように見えるので、わたしら初心者は困ってしまうのです。

なんか右手にチカラを入れて、右手、右腕のパワーでボールを叩いて飛ばそうと思う気持ちが湧き上がって来ます。ここが大きな間違いのポイントです。

ダウンスイングでの8時の位置から4時の位置というのは、スイングのスピードも一番速く、最高のヘッドスピードが出るところです。

正直その時に右手が上とか下とかいちいち考えてスイングできないと思います。

ゴルフ スイング 右手 上(背骨の体幹軸を意識する・・と言う画像です)

スイング全体から考えれば、上半身の背骨の体幹軸を中心に、下半身の右尻を背中側に引くパワーでバックスイング、左尻を背中側に引くパワーでダウンスイングからフォロースイングを意識した方が上手くいくように思います。

■ゴルフスイングっていつも右手が上!でないと、なにか問題でも?

どうしてもゴルフのスイングというのは、全体の動きが自分ではなかなか本当のイメージが掴めない。

もしも右手が左手に対して下にあると言うイメージをもってスイングをすると、右手に力が入ってインパクトの前後で無理矢理右手を下に持ってくる、左手の下に持ってくる感じが、動きが出ることがあります。

どうしても右手が利き手の場合、スイング全体の流れの中でボールを打つ意識が強いと、右手が下のイメージが強いとボールを叩きに行くスイングになりやすいそうです

右手で叩きに行くスイングは、自然と右肩が前に突っ込んでくるスイングになりやすいと言うことです。右肩が突っ込んだスイングはクラブフェイスが開いたままボールに当たる感じになるので、スライスが出やすくなります

ゴルフ スイング 右手 上(右手で叩きに行くスイングは、右肩が下がりやすい)

右手が下の感覚はどうしてもクラブヘッドよりも手元、グリップが先行してスイングしてしまう傾向があって、結果左肘が先に抜けた、フォローが途中で止まるスイングになりがちです。

ゴルフ スイング 右手 上(左肘の抜けた、フォローが途中で止まるスイング)

右手が左手の上にあると言う感覚があると、左手が優先的に動いてスイングできるようになります。右手で飛ばそう、叩こうのイメージが少しづつ消えてくるので本来のフォローができるようになります。

いきなり右手が上!を意識するのが難しい場合は、別の観点から徐々に変えていく方法があります。

飛ばそう、叩こう、をやめてスイング全体から考えて、上半身の背骨の体幹軸を中心に意識して、グリップは極力チカラを抜いて左手の中指・薬指・小指3本と、右手の中指・薬指の2本、合計5本で握るというよりは支える感覚でグリップしましょう。

グリップの強さの感覚を実感してみる。

ゴルフ スイング 右手 上(5本の指だけでグリップして、スイングしてみる)

そして、下半身の右尻を背中側に引くパワーでバックスイング、左尻を背中側に引くパワーでダウンスイングからフォロースイングを意識した方が上手くいくように思います。いかがでしょうかぁ??

 

■ゴルフスイングっていつも右手が上!そんなに意識することか?

右手が上とか、左手が下とか確かに大事な事です。最初に正しいグリップができるようになれば、右手が上とか左手が下とかはフツーにカタチとしてできる事です。正しいグリップを再確認しましょう。

「ゴルフグリップについて、右手・左手・親指などの握り方。」グリップについての記事です。
スイングの部分的なところに注目するよりもスイング全体を意識した方が結果的に良いイメージのスイングができると思います。いかがでしょうかぁ??

何回も言いますが部分部分をとらえてその点だけの正解が解っても、ゴルフスイング全体が良くなるとは限りません。

いろんなややこしい原因を作らないためにも、スイング全体の流れの中での正解ポイントを確認してみましょう。

(1)バックスイング

ゴルフ スイング 右手 上(赤いところがポイントです)

❒右足太腿、右膝と右股関節の間の部分、この部分が動かないように意識する事が一番大事です。

アドレスで構えた時のヒザの曲げ具合、太腿に入ったチカラの感じ、バックスイングの動作をはじめても上体、上半身が上下しないようなどっしりとした感じで、構えます。基本の動きです。

バックスイングを上げていくと自然に右股関節に上半身の重みが乗る感じがします。自然に乗る感じで十分です。それよりも、上半身と下半身が右股関節の上でねじれている感覚を探しましょう。

ゴルフ スイング 右手 上(体重移動はスイング中に自然に起こる)

実際はバックスイングをトップ(これ以上、上半身がバックスイングで右に回らない位置もしくは、グリップが右肩の付近に来たところ)で止めたままにすることはかなり右股関節や右足太腿にチカラが必要になります。

ゴルフ スイング 右手 上(背骨が軸です、体幹軸)

❒上半身は体幹軸、背骨を中心に右側に回転する意識です。

背骨が軸なので、頭は少し右に移ります。背骨と直角に交差している右肩、右の鎖骨が背骨の軸を中心に回転するイメージです。

テークバック(スイングの最初にクラブヘッドを飛球線後方に引く動き)から、バックスイングの動きは右手の中指と薬指でクラブを支えながら、左腕を伸ばしたまま右肘を曲げながら背中側に引いていく感じです。

このテークバックからバックスイングの動きを始める始動のスイッチは右尻を背中側に動かす事から始めます。右後ろのズボンのポケットを後ろに回す感じです。

上半身が体幹軸で軸回転する意識は右肩とか、右肩甲骨を後ろに引き上げるイメージがわかり安いと思います。

ゴルフ スイング 右手 上(トップのかたち、左手は右肩の横でしょ)

バックスイングのトップは、強いて意識するなら両手グリップの位置が右肩の高さ、位置くらいがちょうど良いところです。

バックスイングを動かすスピードは右股関節にかかる重み、上半身のねじれ、左手グリップにかかるクラブの重みを感じるためにゆっくり上げます、回します。(わかる、感じるスピードで動きます)

何もわからない最初の頃は最低、以上のような事に注意、集中しながら練習すると上手くいくのではないでしょうか、いかがでしょうかぁ??基本の動きです。

●コツ(意識するところ)

右足太腿を動かさない。

右尻を後ろに引く動作から、右肘主導で上半身を軸回転させる。

アドレスで両足均等に体重が乗っているバランスの良いアドレスを意識する。

息を吸いながら。

ゴルフ スイング 右手 上(バックスイングで右尻を後ろに引いた感じ)

(2)ダウンスイング

❒ダウンスイングの始動は、左尻を背中側に動かす事から始めます。

あくまでも背骨の回転軸、体幹軸を意識しながら左尻を背中側にイッキに動かすパワーでトップの位置にあるグリップを元のアドレスの位置まで引き戻すイメージです。

きっかけは、トップの位置でちょっとガンバっていたグリップを左腕の重さでちょっと自然に下ろす、腕のチカラを抜く、緩める・・そんな緩んだ感じに合わせて、左尻のパワーを使います。基本の動きです。

バックスイングで右股関節に体重が乗ると左足カカトが若干浮くため、トップの位置から左足のカカトを踏み込み、そのタイミングで左尻を背中側にイッキに回すパワーでダウンスイングをイッキにスタートさせる方法もあります。

ダウンスイングは、左尻のパワーで体幹軸の軸回転が始まり、左腕をフィニッシュまで振り回すイメージです。回転の遠心力に負けない、最初にアドレスしたときの前傾角度や、グリップとクラブの角度が大切になってきます。

ゴルフ スイング 右手 上(このアドレス時の角度が保てる、アドレスが大事)

軸回転を意識するためのアドバイスとして、クラブがカラダの前にあるようにとか、おへそを意識して回転するとか、脇を締めるとかいろいろ言われますがそこに集中するとチカラが入って失敗します。

❒グリッププレッシャー、グリップを握るチカラを極力緩くしてみる。

ダウンスイングに入る直前なのか、最初のきっかけなのかわたしらも意識ないのですが、グリッププレッシャー、グリップを握るチカラを極力緩くして、ダウンスイングからフォローまでスイングします。

グリップや腕のチカラが抜ければ抜けるほど、左尻を背中側にイッキに回すパワーが効いて、ヘッドスピードが上がるような気がします。

グリップや腕のチカラが抜ければ抜けるほど、左尻を背中側にイッキに回すところに意識が集中できます。

基本のグリップのかたちというのは、こんな一瞬の動作、意識していられない動作の時に正しくクラブを支えるために必要な事だと思います。

「ゴルフグリップについて、右手・左手・親指などの握り方。」、ゴルフグリップの基本の記事です。

この場合も、グリッププレッシャーは意識しないので、体幹軸の回転の遠心力に負けない、最初にアドレスしたときの前傾角度や、グリップとクラブの角度が大切になってきます。

●コツ(意識するところ)

体幹軸を意識しながら、左尻を背中側にイッキに動かすパワーを使います。

きっかけはトップの位置まで上がったグリップというか、腕のチカラを一瞬緩める事です。

左足カカトの踏み込みでもOKです。

息をイッキに吐く。

ゴルフ スイング 右手 上(左尻を後方に回転させながらインパクト+フォロー)

❒グルコサミンの上を行く・・


(3)フォロースイング

❒インパクトを中心に、右側と左側を均等にイメージして軸回転する感じです。

上半身の無駄なチカラが抜けて、前傾と軸回転を意識できれば、左尻のパワーそのままに最後まで振り切れます。特にフォロースイングを意識する必要はありません。

強いて言うなら最初のアドレスで両足均等に体重が乗っているバランスの良いアドレスを意識して、スイング全体も右側と左側を均等にイメージして軸回転する感じです。基本の動作です。

バックスイングと違うところは、最後フィニッシュで上半身の前傾が取れてカラダが起き上がる事や、右足太腿が左足太腿にくっついて左足一本で立つイメージになる事です。

これはフォロースイングと言うよりもフィニッシュのお話ですね。

❒アドレス時の前傾がそのまま軸回転で保てれば自然に当たります。

一番の問題点は、これで本当にクラブヘッドがボールに当たってくれるのかと言うことですが、最初のアドレス時の前傾がそのままに軸回転ができれば自然に当たります。

強いて言うなら、飛球線前方方向にクラブヘッドを押し込むように振る意識があれば大丈夫です。

左尻のパワーで振る意識があまりに強いと、また軸回転を意識しすぎると上半身が回りきらず腕だけのフォロースイングになって打球がフックする事になりやすいです。

この辺りが微妙なところです。練習でいいイメージを探して下さい。

インパクトを意識しない、よく言われるゾーンのインパクトができます。勝手に当たるスイングです。ここで少しでも当てようとか、グリップを意識してしまうとスイングの流れが止まります。

どこかに変なチカラが入って、クラブのヘッドスピードが落ちるようです。練習しながら一番最適なボール位置、クラブヘッドの位置を探しましょう。

後は気持ちよく振る、スイングするだけです。基本の動作です。

●コツ(意識するところ)

上半身の前傾を保つ。

左尻のパワーに上半身が振られるイメージを意識する。

インパクトを意識せず飛球線方向にスイングする。

ゴルフ スイング 右手 上(左尻エンジンのスイング)

 (4)スイングを動かすエンジン、動力は?

スイングを動かすエンジンはズバリお尻です。先ほどから同じお話をしていますが、グリップ位置が右腰から左腰までの間ヘッドスピードを上げる動力は左のお尻です。

ゴルフ スイング 右手 上(左尻のパワーで回転する、上田桃子プロ)

バックスイングは右のお尻や右腕、肘なども使って体幹を回しながらグリップが肩の位置まで回します。クラブが右腰の位置から上に上がっていくと逆に腕を落下させるパワーを溜める事になります。

ダウンスイングの最初、スタートはトップを維持するチカラを抜いて腕を落下させるパワーを使いながら、左尻を後ろに引くパワーを足して、体幹の軸回転を加速して行きます。

実際にはトップの位置から腕が先に動くのではなくて、トップの位置そのままでそれまでの腕のチカラを抜くと言った方が良いのかも知れません。

バックスイングからトップまでは何となくグリップや両腕にチカラが入っているが、左カカトを踏むか、もしくは左尻を後ろに引くパワーでダウンスイングの意識になった瞬間から腕のチカラが抜けるようなイメージです。

腕のチカラが抜けて腰の位置までグリップが落ちて、その後、左尻を後ろに引くパワーで上半身を回転させながら 回転するチカラで両腕を引っ張ってインパクトからフォローのイメージです。

ゴルフ スイング 右手 上(インパクトからフォロー、左尻のパワーで回ります)

バックスイングもフォロースイングも、右尻右肘や左尻など意識するところを、基本背中側に動作して回転の動力をイメージしています。

ゴルフ スイング 右手 上(右尻を背中側に引いてスイングのパワーを出しています)

世間では背中からの画像が少ないので、どうしてもスイングの説明が前の動きをメインに行われてしまいます。

体幹軸を意識して回転するためには、前傾を保ったまま回転するためには、背中側に動作する方法がいま一番理解しやすいと思っています。

カラダの動きをことばで説明するのは限界があります。イメージの世界です、いかがでしょうかぁ??

❒やれば・・できる。東京専用!

■ゴルフスイングっていつも右手が上!解りやすい動画です。

❒右肩が突っ込んでしまう【その1】アドレス右手下の感覚?ティーチングプロ坂本龍楠(YouTube動画)

❒4スタンス 廣戸聡一と横田真一の「強いインパクトを生む方法!」④ 「右手は常に上」(YouTube動画)

■まず、PGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~

今回は、ゴルフスイングっていつも右手が上!、って知ってますよね!!でした。その動きのコツの徹底調査でした。初心者さんに一番簡単でわかりやすい、ゴルフスイングっていつも右手が上!の動きとその動きをするためのコツのお話でした。

世間では、ゴルフのスイングを表現するときにいろんなヒトが、いろんな想いで、いろんな方向から、いろんな考えの基に、少しでもわかりやすく、自分たちの味わった苦労をしないようにと想って解説、説明しています。

なので、どれが正解でどれが不正解というのはないと思います。その時の自分のイメージとピッタリチューニングできればそれが最高のアドバイスになります。

いつも言葉と画像と動画など見て、聴いて、いろいろ駆使してイメージを伝えようとしますが、なかなか本当のイメージ、感じ、感覚は伝わりにくいものです。

過去にスイミングのコーチをしていたときに先輩からよく言われました。

「日本人の顔してるから、日本語をしゃべるから、大阪弁が通じるから、自分のしゃべった言葉の意味がレッスンを受ける皆さんに正しく理解されていると思うなんて100年早いで!!」

本当にそんなもんです。なのでまだまだ初心者のわたしらが「これならわかる」「これなら理解できる」と思ったお話を今回も徹底調査してみました。

コツの部分をできるだけわかりやすくしてみた感じですが、いかがだったでしょうかぁ??

ゴルフスイングっていつも右手が上!ゴルフスイングの動きについて、何か少しでも皆様のヒントになればと思うところです。

そんなこんな言いながらコレからも松山英樹、まずはPGAツアー賞金王になるまで応援するでぇ~。今後ともよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク



こちらの記事も多く読まれています!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ